出版案内
福祉事業団
47NEWS

映画人・石田民三に光 戦前戦後、女性の美しさ描く

20日の上映に向けて、フィルムの修理を見守る佐藤さん(右)=京都市中京区・おもちゃ映画ミュージアム
20日の上映に向けて、フィルムの修理を見守る佐藤さん(右)=京都市中京区・おもちゃ映画ミュージアム

 戦前から戦後直後にかけて映画監督として名をはせ、京都市上京区の花街・上七軒を拠点に「北野をどり」の演出家としても活躍した石田民三(1901~72年)の業績に光を当てようと、京都大大学院出身の在野の研究者が活動している。行方が分からなかった戦前の作品「おせん」の一部をこのほど入手し、20日に中京区壬生馬場町の「おもちゃ映画ミュージアム」で上映会を開く。

■不明作品の一部発見、上映へ

 石田は映画監督として約90本の作品に携わった。祇園を舞台にした「花ちりぬ」などが代表作で、女性の美しさを描き出すことで知られた。1940年代後半に起こった労働争議「東宝争議」を契機に監督を辞め、上七軒でお茶屋を営んだ。

 研究しているのは大阪市の佐藤圭一郎さん(30)。京大在学時に「花ちりぬ」を見て、石田の生涯に興味を持った。京大を離れてからも、石田と作品の研究を重ね、現在は伝記を執筆中だ。

 「おせん」は、作家邦枝完二の新聞小説を34年に映画化したもので、江戸で美人として評判だった町娘おせんをめぐる物語。「昭和の春信」と言われた画家小村雪岱の挿絵でも話題となった。石田がメガホンを取り、小村の絵を意識したシーンなどから、代表作の一つとなった。

 フィルムは戦中の映画会社統合や戦後の混乱などで散逸。昨秋、佐藤さんがインターネットのオークションで入手した。約80分とされるうち2割で物語の後半部分とみられる。

 石田の功績を市民に知ってもらおうと、戦前の映画などを研究、収集するおもちゃ映画ミュージアム(太田米男代表)での「復活上映」が決まった。

 佐藤さんは「30年代前半の石田作品はこれまで確認されておらず貴重だ。京都を愛したこんな監督がいたと再確認する機会になれば」と来場を呼び掛ける。

 20日は午後3時と同5時からで、佐藤さんが作品解説をし、石田が演出した鉄道会社のPR映画「古代の奈良」も上映する。各回先着30人。千円。申し込みは同ミュージアムTEL075(803)0033=月、火曜休館。

【 2016年02月14日 21時48分 】

ニュース写真

  • 20日の上映に向けて、フィルムの修理を見守る佐藤さん(右)=京都市中京区・おもちゃ映画ミュージアム
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      放置遺体は塗装業男性、北海道
      自首の60歳男と知り合い

      20160824000123

       北海道岩見沢市の住宅で放置された男性の遺体が見つかった事件で、道警は24日、遺体の身元..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      WBA田口が宮崎戦へ練習公開
      「進化見せたい」

      20160824000126

       世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は24日、東京都内..... [ 記事へ ]

      経済

      8月の景気判断据え置き
      公共投資は引き上げ

      20160824000107

       政府は24日、8月の月例経済報告を発表し、全体の景気判断を「このところ弱さもみられるが..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      再起に懸けるプロ選手の心描く 京都出身、谷監督「U-31」

      20160824000060

       京都府長岡京市出身の映画監督谷健二さん(40)=東京都=がこのほど、監督として2作目と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大津の中学美術部員、芸術を語ろう 27日に初サミット

      20160823000041

       美術部に所属する京滋の中学生が集まり、芸術の未来について語り合う初の「中学生美術部サミ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      被災農地を転換、芝生生産地に 京都の高校生「復興一助に」

      20160824000078

       農業技術を研究している桂高(京都市西京区)の教員と生徒が、東日本大震災で津波被害を受け..... [ 記事へ ]