出版案内
福祉事業団

沢口靖子さん久々の主演映画 教師は味方、心に演技

他の出演者らとともに、作品の魅力や役作りについて語る沢口靖子さん(左から2人目)=京都市中京区
他の出演者らとともに、作品の魅力や役作りについて語る沢口靖子さん(左から2人目)=京都市中京区

 京都府南部の小学校を舞台にした映画「校庭に東風(こち)吹いて」の撮影が終了し、主演の沢口靖子さんら関係者が21日、京都市中京区で記者会見を行った。

 原作は、南山城村在住の元小学校教諭柴垣文子さんの長編小説。強い不安感のため学校で声が出せない「場面緘黙(かんもく)症」の少女や、貧困などの問題を抱える子どもたちの心に寄り添う教師・知世(ともよ)の生き方を描く。

 企画・製作は、映画「アンダンテ~稲の旋律~」でサーブ賞(年間最優秀プロデューサー賞)受賞歴のある桂壮三郎さん。金田敬監督のもと今月1日から撮影に入った。同村でもロケを行い、主人公が通勤時に木津川沿いを自転車で走る場面などが撮影された。

 沢口さんは、子どもの側に立って苦悩を受け止めようとする知世に共感し、15年ぶりの映画主演を引き受けたという。場面緘黙症の少女と接するシーンでは、「社会への不安や恐怖がそうさせているので、心の中で『味方よ』と呼び掛けながら演じた。深刻なテーマだが、多くの人に愛される作品になってほしい」と会見で語った。桂さんは「競争社会で子どもの間にも格差が生じている。(親や教師が)子どもにどう向き合うべきか考える機会になれば」と述べた。

 他の出演は星由里子さん、遠藤久美子さんら。映画は7月中旬に完成し、全国で順次公開される予定。

【 2016年04月21日 23時20分 】

ニュース写真

  • 他の出演者らとともに、作品の魅力や役作りについて語る沢口靖子さん(左から2人目)=京都市中京区
  • 役作りについて語る沢口靖子さん
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      ナヤマズンが異議あり 滋賀弁護士会LINEスタンプ

      20170325000146

       滋賀県の弁護士らが、滋賀弁護士会マスコットキャラクター「ナヤマズン」を使った無料通信ア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都フローラ開幕戦、埼玉に黒星 女子プロ野球

      20170325000157

       女子プロ野球8年目のリーグが25日、わかさスタジアム京都で開幕し、京都フローラは延長八..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜空の並木、水面に映え 「岡崎桜回廊十石舟」始まる 

      20170325000162

       夜桜を舟の上からめでる「岡崎桜回廊ライトアップ&十石舟めぐり」が25日、京都市左京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都府立医大、学外から学長 組長収監問題

      20170325000158

       京都府立医科大は25日、新学長に竹中洋・前大阪医科大学長(68)を内定した。大学による..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]