出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

HAPPY、故郷で平和のロックライブ 14日に京都・綾部

「音楽活動をやり切ったら綾部に住みたい」と話し、ライブへの意気込みを述べた「HAPPY」メンバーら(京都府綾部市若竹町・市役所)
「音楽活動をやり切ったら綾部に住みたい」と話し、ライブへの意気込みを述べた「HAPPY」メンバーら(京都府綾部市若竹町・市役所)

 平和を大切にするふるさとでロックを響かせたい-。京都府綾部市出身の5人でつくるロックバンド「HAPPY(ハッピー)」が14日、故郷への感謝を込め、同市内で無料ライブを行う。この日は67年前、市が永久平和を願い全国初の世界連邦都市宣言をした日。メンバーは「最高だと感じてもらえるよう、楽しくピースフルなライブにしたい」と意気込む。

 HAPPYの5人はAlec(アリック)さん、Ric(リック)さん、Chew(チュー)さん、Syu(シュー)さん=いずれも(23)=とBob(ボブ)さん(24)。高校卒業後の2012年に結成した。東京を拠点に自作曲を数多く発表し、ギターやシンセサイザー、ドラムの演奏とボーカルで国内外のツアーも行い、人気を集める。

 5人は、バンド結成5周年を機に「応援してくれたふるさとの人たちに感謝の思いを届けたい」と、無料ライブを開くことに。9月22日に綾部市役所を訪ね、山崎善也市長と懇談した際も、「綾部を離れてやっと綾部の良さが分かった」「人は温かだし、空気も夜空もきれい、川もあり、ふるさとがあるのはありがたい」と故郷への思いがあふれた。

 無料ライブは14日午後1時半から綾部市志賀郷町の酒・食料品販売「山本商店」前で開く。会場は一昨年、大きな壁にグループ名やアート風の絵を描き、アルバムのジャケット写真に使った思い出の場所。新曲の「Stone free(ストーン・フリー)」や「Lucy(ルーシー)」は演奏したい、という。

【 2017年10月09日 20時40分 】

ニュース写真

  • 「音楽活動をやり切ったら綾部に住みたい」と話し、ライブへの意気込みを述べた「HAPPY」メンバーら(京都府綾部市若竹町・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市議選告示、29人立候補

      20180715000117

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選が15日告示され、定数26に対して29人が立候補した。2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、野村敏京32位
      ティダパは初優勝

      20180716000023

       米女子ゴルフのマラソン・クラシックは15日、オハイオ州シルバニアのハイランドメドーズG..... [ 記事へ ]

      経済

      本場も認めた、グラニータで世界一 京都のジェラート職人親子

      20180715000063

       ジェラートの一種「グラニータ」の本場イタリアで開かれた国際大会で、京都のジェラート職人..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地震被災の街に活気 京都・八幡で「太鼓まつり」

      20180716000022

       京都府八幡市の夏の風物詩として親しまれている高良神社の「やわた太鼓まつり」のクライマッ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・西山のチョウ標本寄贈 地元男性、オオムラサキなど49匹

      20180714000050

       西山の麓に位置する西代里山公園(京都府長岡京市奥海印寺)の管理棟に、地元の男性がこのほ..... [ 記事へ ]