出版案内
福祉事業団

「君の名は。」大音量で見て 京都で17日から「爆音映画祭」

 コンサート用スピーカーなど最新の音響設備を映画館に持ち込み、大音量で映画を体感する「爆音映画祭」が17~19日、京都市中京区のMOVIX京都で開かれる。昨年大ヒットしたアニメの「この世界の片隅に」や「君の名は。」など9作品を上映。「音や振動を体全体で浴び、一度見た作品でも新発見があるはず」という。

 東京・吉祥寺の映画館で2004年に始まり、各地を巡回している。通常の3~4倍の音量を出す一方、上映館ごとにスピーカーの位置や音の周波数を調整し「聞きやすい大音量」を追求している。

 総合プロデューサーで映画評論家の樋口泰人さん(60)は「音楽やアクションなど作品の特性を見極め、魅力を最大限引き出せるよう一本ずつ音を調整している」と話す。

 戦時下の広島・呉を舞台にした「この世界の片隅に」では、空襲などの場面が大きな音で響くことで「日常の静けさや主題歌の<悲しくてやりきれない>が逆に引き立つ」と語る。また、全国初の爆音上映となる「君の名は。」は、主題歌を歌うバンド「RADWIMPS」の音楽が「気持ちよく感じられるよう工夫した」という。

 このほかミュージカル映画の「ラ・ラ・ランド」や「レ・ミゼラブル」は、多方向から歌が重なる面白さを強調。カーバトルの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」や「ベイビー・ドライバー」など人気作のほか、タランティーノ監督によるB級感満載の「デス・プルーフinグラインドハウス」などマニアックな作品もある。

 MOVIX京都では約300席のスクリーンを使う。集客が順調ならば今後も京都で定期的に開く予定で、樋口さんは「勝新太郎の座頭市や中島貞夫監督の『狂った野獣』など、京都で撮影された映画もいつか爆音で上映したい」と夢見る。

 1作品一律1800円。他都市では満席の回もあり、前売り券購入を勧める。上映の詳細はホームページhttp://www.bakuon-bb.net/か同京都075(254)3215へ。

【 2017年11月13日 17時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      観光バス横転けが人複数、北海道
      韓国人観光客らが乗車

      20171217000105

       17日午後4時40分ごろ、北海道上富良野町の道道で、大型観光バスが横転したと男性運転手..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      桂が史上初4連覇 全国中学駅伝女子

      20171217000100

       第25回全国中学駅伝が17日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園で行われ、女子(5区間12..... [ 記事へ ]

      経済

      女性12人が起業プラン競う 大津でコンテスト

      20171217000089

       女性起業家を発掘し支援する「大津・女性ビジネスプランコンテスト」が16日、大津市のホテ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]