出版案内
福祉事業団

元くるり、吉田省念「力み取れた」 新作アルバムに手応え

父ヨシダミノルの邸宅にあるスタジオで新作を語る吉田省念。「もともとは『村八分』のメンバーが出入りしていたスタジオ。くるりのメンバーともここで音を出しました」(京都市山科区)
父ヨシダミノルの邸宅にあるスタジオで新作を語る吉田省念。「もともとは『村八分』のメンバーが出入りしていたスタジオ。くるりのメンバーともここで音を出しました」(京都市山科区)

 京都を拠点に活動するミュージシャンの吉田省念(37)がアルバム「桃源郷」をリリースした。人気バンド「くるり」を2013年に脱退してから2枚目に当たる新作で「やっと力みが取れた」と手応えを語る。

 ■桃源郷は日常の片隅に

 「桃源郷」はタイトル曲を含む11曲で構成。いずれも吉田が作詞作曲を手掛けた。現代美術作家で父の故ヨシダミノルが九条山(京都市山科区)に建てた邸宅のスタジオで録音した。

 「桃源郷には非現実的なユートピアというイメージを持っていたのですが、日常の片隅にも見いだすことができるんじゃないかという思いを込めました」

 アコースティックで穏やかな曲からダンサブルな曲までメロディーの色合いは多彩だが、歌詞には「富士の山」「苔(こけ)のむすまま」など古風な日本語を多く使った。京都で暮らす日常から広がる風景を自然体で歌う。「洋楽に強く影響を受けて、もともと日本語で歌うことに抵抗があったんですが、『くるり』での経験で感覚が変わった」

 ■思いつき形にする方法学べた

 13歳でエレキギターに出合い、自宅録音を重ねていた吉田は08年にバンド「吉田省念と三日月スープ」を結成。11年から2年間、「くるり」に在籍した。ギターとチェロを担当し、アルバム「坩堝(るつぼ)の電圧」をリリースした。「思いついたことを形にする方法をたくさん学べた。凝縮されて濃い2年間で自分の幅が広がった」

 脱退は吉田が申し出たという。「一線を走るバンドなので時間感覚がものすごく速かった」と振り返る。

 脱退後、ライブハウス「拾得」(上京区)でゲストを招くライブを毎月行い、昨年にアルバム「黄金の館」をリリースした。元YMOの細野晴臣がコーラスで2曲に参加した。「自分に戻る1作目だったので基礎固めみたいな気持ちで力が入ってましたが、先輩が新たな船出を後押ししてくれたからこそ、今作ではリラックスして表現できた」と自信をのぞかせる。

【 2017年12月28日 18時50分 】

ニュース写真

  • 父ヨシダミノルの邸宅にあるスタジオで新作を語る吉田省念。「もともとは『村八分』のメンバーが出入りしていたスタジオ。くるりのメンバーともここで音を出しました」(京都市山科区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      自然保護団体、二審も敗訴
      北海道・希少ウサギめぐる訴訟

      20180117000098

       北海道新得町の佐幌岳でのスキー場開発で、準絶滅危惧種のエゾナキウサギの生息地が失われる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      清宮は1軍スタート
      日ハム、キャンプ振り分け

      20180117000095

       日本ハムは17日、春季キャンプの1、2軍の選手振り分けを発表し、注目のドラフト1位新人..... [ 記事へ ]

      経済

      柿本社長「日本食材、米国に注力」 宝ホールディングス

      20180117000092

       2018年の経済が動き始めた。京都、滋賀を代表する企業トップは、景気や市場の先行きをど..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春ことほぐ濃茶の一服 茶道表千家が東京初釜

      20180117000086

       茶道表千家の東京初釜が17日、東京都千代田区の表千家東京稽古場で始まった。千宗左家元が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]