出版案内
福祉事業団
47NEWS

「琵琶湖アスパラ」新たな特産に 滋賀・草津の農家ら挑戦

特産化を目指してビニールハウスでアスパラガスを栽培する農家ら(草津市北山田町)
特産化を目指してビニールハウスでアスパラガスを栽培する農家ら(草津市北山田町)

 滋賀県草津市北山田町の若手農家グループが、アスパラガスの特産化に取り組んでいる。肥料など栽培法にこだわり「琵琶湖 元気アスパラ」と名付け今年から出荷を始めた。「みずみずしい味わいで栄養も豊富」とPRし、生産量の拡大を目指す。

 北山田町ではビニールハウスが並びホウレンソウや水菜、ネギの栽培が盛ん。農家の宇野日出樹さん(40)らが新たな品目を考えた結果、若い世代にも人気があり、近隣で生産されていないアスパラガスに挑戦することにした。

 40~50代の農家5人が協力して、昨年5月から作付けした。北海道などの主な生産地は露地栽培が中心だが、ビニールハウスの方が病気になりにくいという。静岡県掛川市の種苗会社なども視察し、栽培法を研究。天然の魚粉肥料を使い、安全性にも配慮した。

 アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復に効果があるとされることから、商品を「琵琶湖 元気アスパラ」と命名した。包装袋には栽培のこだわりや、オリジナルキャラクター「アスパラガッツくん」を掲載。JA草津市も、販路の確保や包装の助成などで支援している。

 現在ビニールハウス7棟で生産し、3~10月に収穫。農産物直売所「草津あおばな館」(草津市下笠町)で販売するほか、京都の市場などに出荷し、しゃきっとした歯ごたえが好評という。1袋100グラムで約200円。

 アスパラガスは植え付けから本格的な収穫までは2~3年かかり、今後収量は増える見込み。宇野さんは「味にこだわって生産している。草津のおいしい野菜を知ってほしい」と語る。さらに「初めての就農者でも取り組みやすい」と、若手生産者の参入を期待している。

【 2015年08月23日 13時30分 】

ニュース写真

  • 特産化を目指してビニールハウスでアスパラガスを栽培する農家ら(草津市北山田町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      岸田氏、ラオス外相と会談へ
      国際会議へ出発、南シナ海協議

      20160724000034

       岸田文雄外相は24日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に出席するためラオスを訪..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イチローは代打で二ゴロ
      メッツ戦

      20160724000047

       ▽マーリンズ―メッツ(23日・マイアミ) マーリンズのイチローは7―2の八回2死二塁で代..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日本の伝統文化の美を身近に 京都・上賀茂神社で作品展

      20160724000060

       京都市北区の上賀茂神社で23日、日本の伝統文化に接する催し「アートプロジェクト」が始ま..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水の大切さ、環境保全を考える 大津でイベント

      20160724000038

       水の大切さや環境保全などを考えるイベント「水辺の匠(たくみ)」が23日、大津市黒津4丁..... [ 記事へ ]

      国際

      フジモリ元大統領が恩赦申請
      ペルー、実現困難か

      20160724000049

       【リオデジャネイロ共同】ペルーのカテリアノ首相は23日、在任中の人権侵害事件で禁錮25..... [ 記事へ ]