出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都の企業で川柳公募ブーム 悲哀や喜び、共感誘う

ものづくり現場にまつわるエピソードを募った第1回「現場川柳」の受賞作を紹介するパンフレット(京都市下京区、オプテックス・エフエー)
ものづくり現場にまつわるエピソードを募った第1回「現場川柳」の受賞作を紹介するパンフレット(京都市下京区、オプテックス・エフエー)

 川柳や俳句を公募する企業が京都で増えている。ものづくりや受験などのビジネスにちなんだテーマで募り、反響も大きい。悲喜こもごもの体験を基にした作品は幅広い世代の共感や笑いを誘うとあって、企業は知名度アップを狙う。

 「最近は 検査も妻も 非接触」

 この句は、工場用のセンサーやカメラを製造するオプテックス・エフエー(京都市下京区)が昨年初めて公募した「現場川柳」で大賞に輝いた。生産現場の自動化で、触れずに検査ができるようになった状況に冷えた夫婦関係を重ねた。同社が制定した「センサの日」(10月3日)を記念して募ったところ全国から2485句が集まった。

 受賞作はほかに、生産設備の異常で切羽詰まる状況を表現した「赤ランプ 顔は青ざめ 声黄色」(優秀賞)や、突然のトップ訪問で仕事が滞る様子を嘆く「気まぐれに 顔出す社長が 危険物」(入賞)など。事業支援部の大毛沙紀さん(26)は「共感を呼ぶ内容が目立った。予想を上回る応募数で、製造業を盛り上げたい」と話し、2回目の募集も始めた。

 企業の川柳や俳句のコンクールは、1987年に始まった「サラリーマン川柳」(第一生命保険)や応募が100万句を超す「お~いお茶新俳句大賞」(伊藤園)が有名だが、近年は中堅・中小企業にも広がる。

 歯科材料の松風(東山区)は「歯」を題材に川柳と俳句を公募している。2012年の初回の応募は230句だったが、今年は前年比2倍の4874句に上った。一般部門の最優秀賞は、幼い子の歯みがきを表した「仕上げはね パパのトコでも いいんだよ」。ほほ笑ましい作品が目立つ。

 受験をテーマに今年初めて公募したのは、「赤本」で知られる大学別入試問題集を出版する世界思想社教学社(左京区)。2300句以上が集まり、近く入賞作品を発表する。来年も続ける予定で「受験のつらさを笑いに変えてもらいたい」(編集部)と話す。

 かもがわ出版(上京区)も、東日本大震災の復興支援の一環で12年から川柳の公募を始め、昨年は34都道府県から433句が寄せられた。作品は犠牲者への哀悼をはじめ、「復興の 絵にまだ足りぬ 色がある」(入選)などと原発事故に対する怒りも込められている。

【 2015年10月19日 17時00分 】

ニュース写真

  • ものづくり現場にまつわるエピソードを募った第1回「現場川柳」の受賞作を紹介するパンフレット(京都市下京区、オプテックス・エフエー)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      沼に転落の3人が死亡、宮城
      釣りの父子

      20160701000185

       1日午後7時40分ごろ、宮城県大衡村大衡天姓院の沼で「夫と子どもの姿が見えなくなった」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、錦織の3回戦は順延
      ウィンブルドン第5日

      20160702000003

       【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第5日は1日、ロンドン郊外のオールイ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      嶋左近=有能な官僚 書状2通発見、新人物像浮かぶ 滋賀・長浜

      20160701000197

       戦国武将、石田三成の重臣、嶋左近の書状2通が見つかったと、東京大史料編纂(へんさん)所..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      役になりきり自信の狂言 大津・長等小 能舞台で熱演

      20160701000050

       大津市大門通の長等小は30日、「狂言発表会」を同市園城寺町の市伝統芸能会館で開いた。は..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      木星のオーロラ捉えた画像公開
      ハッブル宇宙望遠鏡

      20160701000148

       米航空宇宙局(NASA)は1日までに、ハッブル宇宙望遠鏡で木星のオーロラを捉えた画像を..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾誤射ミサイル、漁船が被弾
      1人死亡3人負傷

      20160701000164

       【台北共同】台湾国防部(国防省)は1日午後、同日午前に起きた海軍艦艇によるミサイルの誤..... [ 記事へ ]