出版案内
福祉事業団
47NEWS

農業ベンチャー直営八百屋 安全重視、京都で広がり

旬の野菜や果物、こだわりの加工品を取り扱う坂ノ途中の八百屋(京都市中京区)
旬の野菜や果物、こだわりの加工品を取り扱う坂ノ途中の八百屋(京都市中京区)

 農業ベンチャーが八百屋を運営し、直売に乗り出す動きが京都市内で広がっている。環境に配慮した農法で育てた野菜や、安全面などにこだわった加工品などを直接消費者に売り込む狙いがある。価格はやや高めだが、品質を重視する消費者から支持を受けている。

 有機農業に取り組む坂ノ途中(京都市南区)が展開する八百屋「soil」の3号店が中京区にこのほどオープンした。南区、東京に続く3店舗目で、関西の契約農家が農薬や化学肥料を使わずに栽培した野菜や果物を中心に販売している。

 加工品の品ぞろえも豊富で、あらいぶきっちん(京都府長岡京市)の豆腐やうね乃(南区)のだしなどの地元製品も仕入れている。

 坂ノ途中の小野邦彦社長は「買い物をする際の物差しの一つに『環境への影響』を加えてほしい。地域の人たちがわれわれのコンセプトを伝える場にしたい」と意気込む。

 複合商業ビル「KYOCA」(下京区)で八百屋「マイファーマー」を経営しているマイファーム(同)は、事業収益を生かして耕作放棄地の再生を目指す。昨年小売りに本格参入し、東京と名古屋に相次ぎ出店した。地域の人たちや若い人たちの常連客も増えてきたという。

 自社で運営する農業学校の卒業生が耕作放棄地で育てた野菜やコメを扱うことで、将来を担う新規就農者の販路開拓を支援する狙いがある。今後はスーパーの一角にも売り場を設け、流通量をさらに増やす戦略を描く。

【 2015年12月04日 08時50分 】

ニュース写真

  • 旬の野菜や果物、こだわりの加工品を取り扱う坂ノ途中の八百屋(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      尼崎、脱線現場の一部解体始まる
      JR西、マンション上層階

      20160727000061

       JR西日本は27日、兵庫県尼崎市で2005年4月に起きた脱線事故の現場となった9階建て..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Rソックス田沢は1回を無失点
      タイガース戦

      20160727000066

       ▽レッドソックス―タイガース(26日・ボストン) レッドソックスの田沢は8―9の八回に4..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「災害二度と」御嶽山で慰霊登拝修行 京都・聖護院門主ら

      20160727000072

       2014年9月の噴火によって死者・行方不明者63人を出した御嶽山(おんたけさん)(長野..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りの枕で熊本に安眠を 滋賀・水口高生が避難所へ贈る

      20160727000064

       熊本地震で避難所生活を送る被災者に、滋賀県甲賀市水口町の水口高の生徒たちが手作りの枕を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS医療にAI活用
      山中教授、安全性を評価

      20160727000067

       京都大の山中伸弥教授は27日までに、再生医療に使うために備蓄している人工多能性幹細胞(..... [ 記事へ ]

      国際

      ブラジル大統領、五輪開会式欠席
      弾劾手続きで停職中

      20160727000071

       【リオデジャネイロ共同】ブラジルのメディアは26日、弾劾手続きで停職中のルセフ大統領が..... [ 記事へ ]