出版案内
福祉事業団

「国会図書館を第2オフィスに」 関西館が情報発信

ウィキペディア執筆をテーマに昨年7月に開催した地元住民向けのセミナー
ウィキペディア執筆をテーマに昨年7月に開催した地元住民向けのセミナー

 関西文化学術研究都市にある国立国会図書館関西館(京都府精華町精華台)が、利用拡大に向けた利用案内やセミナー開催など、積極的な情報発信を続けている。開館から14年目を迎え、東京本館とは違う「地域に密着した関西館」を目指し、存在感を高めていく狙いだ。

 「国立国会図書館関西館を第2のオフィスとして活用していただきたい」。昨年12月11日、関西館職員が知的財産権をテーマにしたセミナーで、参加した企業関係者約30人に呼び掛けた。知的財産権をめぐる訴訟対応や事業の成功例について、学術誌や博士論文を検索する方法を説明した。

 関西館は昨年4月から昨年末までに、学研都市に立地する企業や研究所、地元住民向けに、市民グループや大学、経済団体、知的財産支援組合と共催してセミナーを5回催した。このほか、企業向けの利用案内を19回開いた。昨年7月には、利用方法をまとめたパンフレットを作り、企業や研究所に配布している。

 関西館によると、利用を促す取り組みを始めた契機は2014年12月。学研都市に立地する企業・研究機関の関係者が集まり、学研の将来像を話し合う会議で、出席した当時の関西館次長が「関西館を日常業務でどう活用するか、学研関係者に認識されていない」と痛感したという。

 1日の平均入館者数はオープンした02年度の477人をピークに、14年度は220人と減少傾向にある。

 セミナーや利用案内には昨年末までに約千人が参加した。学研都市内の企業取締役平井啓之さん(51)は「科学技術の文献が豊富。検索機能も充実している」と話す。

 パソコンを使った情報通信技術で地域活性化を目指す市民グループと共催したインターネット百科事典「ウィキペディア」の書き方セミナーでは、地元住民約30人が地域情報について、執筆のルールや方法を学んだ。「地元で知っているつもりでも、詳しい資料で新たな発見ができた」と参加者に好評だった。

 関西館は今後、閲覧スペースに「学研都市コーナー」を設け、学研の企業・研究機関やまちづくりを紹介する資料を充実させる方針だ。片山信子館長(54)は「学研の歴史と現状が1カ所で見て学べるコーナーを目指している。在住、在勤者に、まちへの愛着を感じてもらえるような情報を集めていきたい」と意気込んでいる。

【 2016年01月30日 21時36分 】

ニュース写真

  • ウィキペディア執筆をテーマに昨年7月に開催した地元住民向けのセミナー
  • 企業向けセミナーの参加者に館内を案内する職員(左)=京都府精華町精華台・国立国会図書館関西館
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      博多陥没、薬液注入し地盤強化
      沈下防止へ4日に工事

      20161202000173

       福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、市交通局は2日、陥没部分の地下の砂層に薬液..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高木美が3千メートルで3位
      スピードW杯第1日

      20161203000002

       【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は2日、カザフスタンのア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      もうすぐシーズン、ゲレンデ作り急ピッチ 滋賀・箱館山スキー場

      20161202000144

       冬季スポーツ本番を前に、滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で、人工雪の「雪まき」が急ピ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日焼けやシミ、メラニン仕組み解明 京都大、化粧品開発に期待

      20161202000150

       日焼けや肌のシミに関係するメラニン色素が表皮の中を広がっていく過程の一端を、京都大理学..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      青森、系列農場でも鳥インフル
      アヒル4千羽処分へ

      20161202000115

       青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、遺..... [ 記事へ ]

      国際

      政権転覆計画で10人拘束
      インドネシア、活動家ら

      20161202000100

       【ジャカルタ共同】インドネシア国家警察の報道官は2日、首都ジャカルタで同日開かれたバス..... [ 記事へ ]