出版案内
福祉事業団
47NEWS

幻の舞鶴かぶ復活 京都の伝統野菜「想像以上の甘み」

上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」

 京都府舞鶴原産で生産が途絶えていた「舞鶴かぶ」の復活を目指し、市内の農家が栽培に取り組み、今冬に収穫した。京都の伝統野菜のカブやダイコンの中で唯一、上部の皮が赤紫に色づく品種で、試食した関係者らは「甘みがあり、食感も楽しめる」と生産への期待を高めた。

 京都府農林センター(亀岡市)によると、舞鶴かぶは舞鶴市喜多で栽培されていたが、1980年代に生産が途絶え、「幻のカブ」とされていた。

 舞鶴の伝統野菜「佐波賀だいこん」の復活を中心になって進めた農園代表の佐藤正之さん(52)=同市佐波賀=が、品種の系統維持を続けてきた同センターから譲り受けた種子を昨年9月にまいて栽培。「順調に成長してくれた」(佐藤さん)といい、重さ約1キロ前後で直径約15センチの舞鶴かぶ約400本が収穫できた。

 センターの城田浩治・主任研究員は「センターで生育したものより、色が良く、大きさと形もそろっている。舞鶴に里帰りできた」と評価する。

 市がこのほど、同市瀬崎の農業公園「舞鶴ふるるファーム」で試食会を開催。やや硬めで糖度は高く、ポタージュスープや炒め物、ポン酢あえなど和食、洋食、中華料理など多様な調理ができるという。同ファームの長谷部幸二料理長(57)は「生でも加熱しても食べやすい。想像以上に甘みがあり、食感も楽しめる」と話す。

 佐藤さんは「仲間にも声をかけて栽培を増やし、PRにも力を入れていきたい」と意気込む。

【 2016年02月16日 11時15分 】

ニュース写真

  • 上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      高知被告、起訴内容認める
      覚醒剤事件、東京地裁

      20160831000085

       覚せい剤取締法違反(所持、使用)などの罪に問われた元俳優の高知東生(本名大崎丈二)被告..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      吉田沙保里、先代九重親方に報告
      「銀で申し訳ありません」

      20160831000076

       リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級で銀メダルを獲得した吉田沙保里が31日、東..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      “ねりもの”復活へ 「祇園をどり」プログラム撮影

      20160831000073

       祇園東歌舞会の舞踊公演「第59回祇園をどり」(11月1~10日)のプログラム写真の撮影..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      無料給食を開始 滋賀県初、長浜市内の全27小学校

      20160831000048

       滋賀県長浜市は、2学期から市内の全27小学校の給食を無料化した。30日、無料化最初の給..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      反捕鯨団体創設者、仏から米へ
      拠点移し活動継続と主張

      20160831000074

       【ロサンゼルス共同】南極海での調査捕鯨の妨害を永久にしないことなどで日本鯨類研究所(東..... [ 記事へ ]

      国際

      ブラジル大統領弾劾巡り応酬
      失職不可避の情勢

      20160831000029

       【リオデジャネイロ共同】国家会計を粉飾したなどとされるブラジルのルセフ大統領(68)の..... [ 記事へ ]