出版案内
福祉事業団

幻の舞鶴かぶ復活 京都の伝統野菜「想像以上の甘み」

上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」

 京都府舞鶴原産で生産が途絶えていた「舞鶴かぶ」の復活を目指し、市内の農家が栽培に取り組み、今冬に収穫した。京都の伝統野菜のカブやダイコンの中で唯一、上部の皮が赤紫に色づく品種で、試食した関係者らは「甘みがあり、食感も楽しめる」と生産への期待を高めた。

 京都府農林センター(亀岡市)によると、舞鶴かぶは舞鶴市喜多で栽培されていたが、1980年代に生産が途絶え、「幻のカブ」とされていた。

 舞鶴の伝統野菜「佐波賀だいこん」の復活を中心になって進めた農園代表の佐藤正之さん(52)=同市佐波賀=が、品種の系統維持を続けてきた同センターから譲り受けた種子を昨年9月にまいて栽培。「順調に成長してくれた」(佐藤さん)といい、重さ約1キロ前後で直径約15センチの舞鶴かぶ約400本が収穫できた。

 センターの城田浩治・主任研究員は「センターで生育したものより、色が良く、大きさと形もそろっている。舞鶴に里帰りできた」と評価する。

 市がこのほど、同市瀬崎の農業公園「舞鶴ふるるファーム」で試食会を開催。やや硬めで糖度は高く、ポタージュスープや炒め物、ポン酢あえなど和食、洋食、中華料理など多様な調理ができるという。同ファームの長谷部幸二料理長(57)は「生でも加熱しても食べやすい。想像以上に甘みがあり、食感も楽しめる」と話す。

 佐藤さんは「仲間にも声をかけて栽培を増やし、PRにも力を入れていきたい」と意気込む。

【 2016年02月16日 11時15分 】

ニュース写真

  • 上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      岡田節人氏死去 京大名誉教授、発生生物学の第一人者

      20170117000137

       発生生物学の第一人者で、岡崎国立共同研究機構長、JT生命誌研究館長などを務めた京都大名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      空手荒賀、シンクロ乾ら表彰 2団体と10人に関西スポーツ賞

      20170117000161

       関西運動記者クラブ選定の第60回関西スポーツ賞の表彰式がこのほど、大阪市内のホテルで行..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スマホで「ユーフォニアム2」 京阪電鉄、宇治線でラリー開催

      20170117000135

       京阪電気鉄道は、京都府宇治市が舞台の人気アニメ「響け!ユーフォニアム2」をテーマにした..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      通学域や統合、総意得た順に対応 大津市教委が学区説明会

      20170117000120

       将来の児童生徒数の減少が想定される中、大津市教育委員会は17日から、「小規模校」とされ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      インフルで患者3人死亡、松山
      31人にも感染

      20170117000121

       松山市の野本記念病院は17日、入院患者と職員の計34人がインフルエンザに集団感染し、う..... [ 記事へ ]

      国際

      米報道に「売春婦より低劣」
      プーチン大統領、情報収集を否定

      20170118000004

       【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は17日の記者会見で、トランプ次期米大統領がモス..... [ 記事へ ]