出版案内
福祉事業団

幻の舞鶴かぶ復活 京都の伝統野菜「想像以上の甘み」

上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」

 京都府舞鶴原産で生産が途絶えていた「舞鶴かぶ」の復活を目指し、市内の農家が栽培に取り組み、今冬に収穫した。京都の伝統野菜のカブやダイコンの中で唯一、上部の皮が赤紫に色づく品種で、試食した関係者らは「甘みがあり、食感も楽しめる」と生産への期待を高めた。

 京都府農林センター(亀岡市)によると、舞鶴かぶは舞鶴市喜多で栽培されていたが、1980年代に生産が途絶え、「幻のカブ」とされていた。

 舞鶴の伝統野菜「佐波賀だいこん」の復活を中心になって進めた農園代表の佐藤正之さん(52)=同市佐波賀=が、品種の系統維持を続けてきた同センターから譲り受けた種子を昨年9月にまいて栽培。「順調に成長してくれた」(佐藤さん)といい、重さ約1キロ前後で直径約15センチの舞鶴かぶ約400本が収穫できた。

 センターの城田浩治・主任研究員は「センターで生育したものより、色が良く、大きさと形もそろっている。舞鶴に里帰りできた」と評価する。

 市がこのほど、同市瀬崎の農業公園「舞鶴ふるるファーム」で試食会を開催。やや硬めで糖度は高く、ポタージュスープや炒め物、ポン酢あえなど和食、洋食、中華料理など多様な調理ができるという。同ファームの長谷部幸二料理長(57)は「生でも加熱しても食べやすい。想像以上に甘みがあり、食感も楽しめる」と話す。

 佐藤さんは「仲間にも声をかけて栽培を増やし、PRにも力を入れていきたい」と意気込む。

【 2016年02月16日 11時15分 】

ニュース写真

  • 上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      フリーゲージトレイン、検証走行
      来年3月まで摩耗対策確認

      20161203000133

       鉄道建設・運輸施設整備支援機構は3日深夜、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に導入予定..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スピード、高木美帆が千で初優勝
      W杯第2日

      20161203000116

       【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は3日、カザフスタ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山城ブーム、「丹波下村城」を観光に 京都・美山で住民ら調査

      20161203000119

       全国で山城ブームが広がる中、京都府南丹市美山町下区の住民たちがこのほど、地域の山中にあ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      ウズベク大統領選、4日投票
      路線継承掲げる首相が有力

      20161203000069

       【タシケント共同】中央アジアのウズベキスタンで4日、ソ連時代末期から約27年間にわたり..... [ 記事へ ]