出版案内
福祉事業団
47NEWS

幻の舞鶴かぶ復活 京都の伝統野菜「想像以上の甘み」

上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」

 京都府舞鶴原産で生産が途絶えていた「舞鶴かぶ」の復活を目指し、市内の農家が栽培に取り組み、今冬に収穫した。京都の伝統野菜のカブやダイコンの中で唯一、上部の皮が赤紫に色づく品種で、試食した関係者らは「甘みがあり、食感も楽しめる」と生産への期待を高めた。

 京都府農林センター(亀岡市)によると、舞鶴かぶは舞鶴市喜多で栽培されていたが、1980年代に生産が途絶え、「幻のカブ」とされていた。

 舞鶴の伝統野菜「佐波賀だいこん」の復活を中心になって進めた農園代表の佐藤正之さん(52)=同市佐波賀=が、品種の系統維持を続けてきた同センターから譲り受けた種子を昨年9月にまいて栽培。「順調に成長してくれた」(佐藤さん)といい、重さ約1キロ前後で直径約15センチの舞鶴かぶ約400本が収穫できた。

 センターの城田浩治・主任研究員は「センターで生育したものより、色が良く、大きさと形もそろっている。舞鶴に里帰りできた」と評価する。

 市がこのほど、同市瀬崎の農業公園「舞鶴ふるるファーム」で試食会を開催。やや硬めで糖度は高く、ポタージュスープや炒め物、ポン酢あえなど和食、洋食、中華料理など多様な調理ができるという。同ファームの長谷部幸二料理長(57)は「生でも加熱しても食べやすい。想像以上に甘みがあり、食感も楽しめる」と話す。

 佐藤さんは「仲間にも声をかけて栽培を増やし、PRにも力を入れていきたい」と意気込む。

【 2016年02月16日 11時15分 】

ニュース写真

  • 上の皮が赤紫色になる「舞鶴かぶ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      谷垣幹事長は頸髄損傷
      首相、交代視野に検討

      20160726000088

       自民党の細田博之幹事長代行は26日の記者会見で、趣味のサイクリング中に転倒し、入院して..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      FC東京新監督に篠田氏
      城福氏解任で昇格

      20160726000105

       J1のFC東京は26日、解任した城福浩監督の後任として篠田善之コーチ(45)が昇格する..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      雨にしっとり、京都御所の通年一般公開スタート

      20160726000078

       京都御所(京都市上京区)で26日、申し込み手続きを必要としない通年の一般公開が始まった..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      府立聾学校生が見た「京の百景」  版画集発行、作品展も

      20160726000091

       京都市右京区の府立聾(ろう)学校高等部にあった「デザイン科」の生徒たちのシルクスクリー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      希少トカゲ、違法に日本で売買か
      マレーシアが取引禁止提案

      20160725000023

       マレーシアとインドネシアのボルネオ島(カリマンタン島)だけに生息する希少な爬虫類「ボル..... [ 記事へ ]

      国際

      米民主党大会、ミシェル夫人演説
      暗にトランプ氏批判

      20160726000104

       【フィラデルフィア共同】米民主党大会初日の25日、オバマ大統領のミシェル夫人があいさつ..... [ 記事へ ]