出版案内
福祉事業団

京都に高級印の新ブランド 最高品質象牙に職人技込め

京都府印章業協同組合が新ブランドとして立ち上げた「特選京印章 京の璽」の製品(京都市下京区)
京都府印章業協同組合が新ブランドとして立ち上げた「特選京印章 京の璽」の製品(京都市下京区)

 京印章の職人でつくる京都府印章業協同組合(京都市下京区)が新しいブランド「特撰京印章 京(みやこ)の璽(しるし)」を立ち上げた。組合が初めて企画した独自製品で、技能認定を受けた職人が最高品質の象牙を彫り上げる。今春から本格販売する。

 京印章は、中国・漢王朝の銅印に用いられた重厚な作風を受け継いでいる。機械で彫る低価格品の普及などから現在の組合員は60人とピーク時に比べ半減したため、新製品開発で業界の活性化を図る。

 ブランド化で京印章の認知度を高め、世界に一つしかない手彫りの価値を顧客に提供する。伝統工芸品の新商品開発を支援する府の補助金を活用した。

 象牙の中でも特に目がよく詰まっている高級部位を印材に利用し、奈良時代の官印の持ち手をかたどったブランドのマークを京象眼で施した。入れ物には西陣織の金襴(きんらん)を使った。製作する職人は、1、2級の印章彫刻技能士を対象に2年に1度技能試験を実施して認定する。昨年10月に初めて試験を行い、40~70代の職人7人を認定した。

 価格は16万~22万円。カタログや組合のホームページで取り扱う。結婚の記念品や贈答品などとしての需要を見込む。高屋宏章理事長は「他にはない最高の品質を提供することで本物の価値が分かる人に京印章の魅力を伝えたい」と話している。

【 2016年02月24日 11時30分 】

ニュース写真

  • 京都府印章業協同組合が新ブランドとして立ち上げた「特選京印章 京の璽」の製品(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      人よりクマが大切? 京都府の保護政策に疑問の声

      20161204000055

       京都府内でツキノワグマの出没が最も多い丹後地域で、府の保護政策に対する疑問の声が上がっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー、五郎丸はメンバー外
      仏1部トゥーロン

      20161204000052

       ラグビーのフランス1部リーグ、トゥーロンは3日、ホームで4日午後4時15分(日本時間5..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      赤、朱、黄…去りゆく秋見つけた 京都・丹波

      20161204000042

       京都・丹波の秋を彩る紅葉も終盤を迎え、観光客らが名残惜しそうに、赤、朱、黄の共演を目に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      キューバ革命蜂起の地で追悼式典
      カストロ前議長の遺灰到着

      20161204000050

       【サンティアゴデクーバ共同】キューバの故フィデル・カストロ前国家評議会議長が1953年..... [ 記事へ ]