出版案内
福祉事業団

民芸品をフェアトレード、比の農村支援 京都の学生

アバカを使い、マクラメ編みで作られたアクセサリー
アバカを使い、マクラメ編みで作られたアクセサリー

 フィリピンの農村の生活を支援しようと、京都造形芸術大(京都市左京区)の学生が、村の民芸品の制作技術を生かしたファッションブランドを立ち上げた。現地住民と協力し、南国の木の繊維を独自の技法で編んだバッグとアクセサリーを創作。繊細な模様と丈夫さが特徴で「商品を通じて村の暮らしに目を向けてもらえたら」と話している。

 デザインしたのは、同大学4年の笈田真美さん(22)=上京区=。開発途上国の生産者の自立を支援する「フェアトレード」に取り組むNPO法人に所属し、フィリピン中部の島のマリナオ村を拠点に活動してきた。

 村民は、バナナの木に似たアバカの繊維で作る日用品生産と農業で生計を立てる。しかし、その日用品が不当に安く売られていることを知り、適正な価格で取引できる手助けをしようとブランド立ち上げを決めた。

 ブランド名は、ゆりかごを意味する「Cradle Cradle」(クレイドル クレイドル)。商品は、ひし形のパーツをつなげたネックレスなどのアクセサリー11種類と、大きさと模様の異なるバッグ5種類。現地の女性たちの間で受け継がれる「マクラメ編み」で編まれ、結び目の大きさと間隔を変えることでさまざまな模様を作ることができる。笈田さんが現地の生産者組合にデザイン画を送って制作を発注する。

 ホームページhttp://cradle‐cradle.jimdo.comで紹介しているほか、5月には、笈田さんが所属するNPO法人フェア・プラス(東山区)が展示販売会を行う。問い合わせはフェア・プラスTEL075(525)0064。

【 2016年03月08日 11時55分 】

ニュース写真

  • アバカを使い、マクラメ編みで作られたアクセサリー
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      民進「牙城」に自民公募挑む 衆院京都2区、党府連が繁本氏擁立

      20170118000158

       自民党京都府連は18日、次期衆院選で京都2区の立候補予定者に、衆院議員秘書の繁本護氏(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大坂なおみ、2回戦で敗れる
      全豪テニス第4日

      20170119000037

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第4日は19日、メルボルンで行われ、女子シングル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3年ぶり、節分の夜に火柱 京都・吉田神社、古札焚き上げ復活

      20170119000022

       京都市左京区の吉田神社は、立春を迎える神事の火炉祭を従来の形に戻し、今年から再び、大量..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      獅童さん、歌舞伎のこころ語る 京都文教大で講演

      20170119000046

       歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が「歌舞伎と日本的精神性」をテーマに語る講演会が18日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]

      国際

      米大使候補、国連批判鮮明
      拠出金見直し訴え

      20170119000013

       【ワシントン共同】トランプ次期米大統領が国連大使に指名した南部サウスカロライナ州知事の..... [ 記事へ ]