出版案内
福祉事業団

民芸品をフェアトレード、比の農村支援 京都の学生

アバカを使い、マクラメ編みで作られたアクセサリー
アバカを使い、マクラメ編みで作られたアクセサリー

 フィリピンの農村の生活を支援しようと、京都造形芸術大(京都市左京区)の学生が、村の民芸品の制作技術を生かしたファッションブランドを立ち上げた。現地住民と協力し、南国の木の繊維を独自の技法で編んだバッグとアクセサリーを創作。繊細な模様と丈夫さが特徴で「商品を通じて村の暮らしに目を向けてもらえたら」と話している。

 デザインしたのは、同大学4年の笈田真美さん(22)=上京区=。開発途上国の生産者の自立を支援する「フェアトレード」に取り組むNPO法人に所属し、フィリピン中部の島のマリナオ村を拠点に活動してきた。

 村民は、バナナの木に似たアバカの繊維で作る日用品生産と農業で生計を立てる。しかし、その日用品が不当に安く売られていることを知り、適正な価格で取引できる手助けをしようとブランド立ち上げを決めた。

 ブランド名は、ゆりかごを意味する「Cradle Cradle」(クレイドル クレイドル)。商品は、ひし形のパーツをつなげたネックレスなどのアクセサリー11種類と、大きさと模様の異なるバッグ5種類。現地の女性たちの間で受け継がれる「マクラメ編み」で編まれ、結び目の大きさと間隔を変えることでさまざまな模様を作ることができる。笈田さんが現地の生産者組合にデザイン画を送って制作を発注する。

 ホームページhttp://cradle‐cradle.jimdo.comで紹介しているほか、5月には、笈田さんが所属するNPO法人フェア・プラス(東山区)が展示販売会を行う。問い合わせはフェア・プラスTEL075(525)0064。

【 2016年03月08日 11時55分 】

ニュース写真

  • アバカを使い、マクラメ編みで作られたアクセサリー
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      博多陥没、薬液注入し地盤強化
      沈下防止へ4日に工事

      20161202000173

       福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、市交通局は2日、陥没部分の地下の砂層に薬液..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高木美が3千メートルで3位
      スピードW杯第1日

      20161203000002

       【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は2日、カザフスタンのア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      もうすぐシーズン、ゲレンデ作り急ピッチ 滋賀・箱館山スキー場

      20161202000144

       冬季スポーツ本番を前に、滋賀県高島市今津町の箱館山スキー場で、人工雪の「雪まき」が急ピ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日焼けやシミ、メラニン仕組み解明 京都大、化粧品開発に期待

      20161202000150

       日焼けや肌のシミに関係するメラニン色素が表皮の中を広がっていく過程の一端を、京都大理学..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      青森、系列農場でも鳥インフル
      アヒル4千羽処分へ

      20161202000115

       青森県は2日、青森市北部の農場で食用アヒル(フランスカモ)が死んでいるのが見つかり、遺..... [ 記事へ ]

      国際

      政権転覆計画で10人拘束
      インドネシア、活動家ら

      20161202000100

       【ジャカルタ共同】インドネシア国家警察の報道官は2日、首都ジャカルタで同日開かれたバス..... [ 記事へ ]