出版案内
福祉事業団

上質の宇治抹茶で入浴剤 京都、生産時の廃棄物活用

上質の抹茶を使った入浴剤。お湯に溶くとやわらかなお茶の香りが漂う(京都府宇治市槇島町・星野科学)
上質の抹茶を使った入浴剤。お湯に溶くとやわらかなお茶の香りが漂う(京都府宇治市槇島町・星野科学)

 食品研究開発を手掛ける京都府宇治市の企業が、上質の宇治抹茶を使った入浴剤の開発を進めている。市内の老舗茶商が生産過程で廃棄していた抹茶に着目し、活用方法として生み出した。同社は「宇治の名物にしたい」としている。

 同市槙島町の星野科学。6年前に丸久小山園(同市小倉町)から「廃棄している抹茶を役立てられないか」との相談を受けた。抹茶は茶葉を石臼でひいて作る。茶葉をひく「碾茶室(ひきちゃしつ)」は極めて高い空気清浄度を保つ必要があるため、空調機のフィルターに抹茶がたまるという。

 星野正美社長(72)が考えついたのが入浴剤だった。「浴槽を茶碗に見立て、抹茶のなかに入るイメージが浮かんだ。湯船は蒸気があるので、香りも立つ」。抹茶本来の香りや色を生かすため色素や香料は加えず、体を温める作用がある塩類のみを配合した。お湯に入れると薄い緑色になり、茶の香りが漂う。特許出願を予定している。

 名前やパッケージデザインを検討中で、4月の販売開始を目指す。星野社長は「茶どころ宇治ならではの商品にしたい」と話している。

【 2016年03月21日 11時10分 】

ニュース写真

  • 上質の抹茶を使った入浴剤。お湯に溶くとやわらかなお茶の香りが漂う(京都府宇治市槇島町・星野科学)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      歩く明治天皇をパチリ
      44歳の姿 隠し撮りの可能性も

      20170120000012

       1896(明治29)年に明治天皇が、現在の東京都墨田区にあった水戸徳川邸を訪れた際に、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ女子代表監督にホーバス氏
      内海監督は退任へ

      20170120000007

       2020年東京五輪で初のメダル獲得を目指すバスケットボール女子の日本代表監督に、Wリー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・綾部で「冬の三湯巡り」はいかが お得なチケット販売

      20170119000094

       京都府の綾部市観光協会などは、同市内にある温泉3施設の共通チケット「あやべ冬の三湯巡り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      育てたメダカを売って募金 滋賀・伊香立中に文科大臣賞

      20170119000071

       大津市伊香立下在地町の伊香立中アクアリウム部が、寄付や慈善活動に取り組む若者を顕彰する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]

      国際

      高層ビル火災で20人死亡か
      イラン首都、消火中に崩壊

      20170119000167

       【テヘラン共同】イランの国営テレビによると、首都テヘラン中心部にある17階建ての高層ビ..... [ 記事へ ]