出版案内
福祉事業団
47NEWS

上質の宇治抹茶で入浴剤 京都、生産時の廃棄物活用

上質の抹茶を使った入浴剤。お湯に溶くとやわらかなお茶の香りが漂う(京都府宇治市槇島町・星野科学)
上質の抹茶を使った入浴剤。お湯に溶くとやわらかなお茶の香りが漂う(京都府宇治市槇島町・星野科学)

 食品研究開発を手掛ける京都府宇治市の企業が、上質の宇治抹茶を使った入浴剤の開発を進めている。市内の老舗茶商が生産過程で廃棄していた抹茶に着目し、活用方法として生み出した。同社は「宇治の名物にしたい」としている。

 同市槙島町の星野科学。6年前に丸久小山園(同市小倉町)から「廃棄している抹茶を役立てられないか」との相談を受けた。抹茶は茶葉を石臼でひいて作る。茶葉をひく「碾茶室(ひきちゃしつ)」は極めて高い空気清浄度を保つ必要があるため、空調機のフィルターに抹茶がたまるという。

 星野正美社長(72)が考えついたのが入浴剤だった。「浴槽を茶碗に見立て、抹茶のなかに入るイメージが浮かんだ。湯船は蒸気があるので、香りも立つ」。抹茶本来の香りや色を生かすため色素や香料は加えず、体を温める作用がある塩類のみを配合した。お湯に入れると薄い緑色になり、茶の香りが漂う。特許出願を予定している。

 名前やパッケージデザインを検討中で、4月の販売開始を目指す。星野社長は「茶どころ宇治ならではの商品にしたい」と話している。

【 2016年03月21日 11時10分 】

ニュース写真

  • 上質の抹茶を使った入浴剤。お湯に溶くとやわらかなお茶の香りが漂う(京都府宇治市槇島町・星野科学)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      山岳コース「観光に可能性」 滋賀知事体験、高島に一時居住

      20160723000150

       人口減少が進む山間地の課題と魅力を体感するため、滋賀県の三日月大造知事が18日から6日..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ホンダ勢は7、8番手
      F1ハンガリーGP予選

      20160724000002

       【モジョロード(ハンガリー)共同】自動車のF1シリーズ第11戦、ハンガリー・グランプリ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      駒形幻想、名残惜しむ 祇園祭後祭・宵山

      20160723000158

       祇園祭の後祭(あとまつり)は23日、宵山を迎えた。京都市中心部に立つ10基の山や鉾の付..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本人安全通じず、 テロ警鐘 専門家、立命館土曜講座で

      20160723000157

       立命館土曜講座「テロと過激主義運動」が23日、京都市北区の立命館大衣笠キャンパスで開か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ハワイの望遠鏡、28年運用目標
      地元反対で建設計画に遅れ

      20160723000123

       日米など5カ国が米ハワイ島マウナケア山頂に建設を計画したが、地元住民の反対が起きて工事..... [ 記事へ ]

      国際

      河北省で死者114人
      中国豪雨、堤防決壊も

      20160723000144

       【北京共同】中国で18日から続いた豪雨の被害が広がり、河北省は23日、114人が死亡、..... [ 記事へ ]