出版案内
福祉事業団

六和証券、事業譲渡で合意 顧客や拠点、西村証券に引き継ぐ

 証券会社の六和証券(京都市中京区)は29日、金融商品取引事業の大半を京都府内に本社を置く証券会社では最大手の西村証券(下京区)に譲渡することで基本合意したと発表した。医療機関の診療報酬請求権を買い取って発行する債券「レセプト債」の販売をめぐる問題対応で事業継続が難しいと判断し、顧客や営業拠点などを西村証券に引き継ぐ。

 今後、正式合意を経て12月末の譲渡を目指す。譲渡後はレセプト債問題に専念し、完了後は会社を清算する予定。本店は売却し、地盤の府北部に持つ舞鶴市と綾部市の2営業店舗と、全従業員35人は西村証券が引き継ぐ。売却額は非公表。

 六和証券は2009年からレセプト債を424人に計約33億円販売したが発行元のファンドが破綻。六和を含む全国の証券会社7社が販売した227億円の債券が償還できなくなった。金融庁は2月、商品を仲介した証券会社を除く6社に業務改善命令を出した。

 29日に中京区の京都商工会議所で会見した六和証券の廣瀬久哲社長(舞鶴商工会議所会頭)は「お客さまの取引が継続できるように事業譲渡を決めた。レセプト債問題は誠心誠意対応する」と述べた。西村証券の西村永良社長は、取得する府北部の2拠点を生かして資産運用ビジネスを拡大する考えを示した。

 六和証券が手掛ける投資信託や債券などの預かり資産残高は3月末で450億円、顧客は約6千人。西村証券は同約800億円で、顧客は約9千人。

【 2016年06月29日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      文化庁移転、関連事業や提言まとめる 京都、推進本部が初会合

      20170426000182

       京都市は26日、文化庁の京都移転に向け、市幹部でつくる「文化首都・京都推進本部」の初会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ACL、浦和が2年連続決勝Tへ
      鹿島も16強入り

      20170426000174

       【蔚山(韓国)共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第5戦は..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      愛のカタチ、写真で表現 京都でアニエスベー展

      20170426000143

       世界的なファッションデザイナー、アニエスベーが収集した写真作品を展示する「アニエスベー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      認知症、最新の研究成果やケア学ぶ 京都、27日から国際会議

      20170426000155

       認知症に関する最新の研究成果やケアを学び、地域社会とのつながりについて考える「第32回..... [ 記事へ ]

      国際

      金正恩氏が攻撃演習視察
      軍創建記念で過去最大規模

      20170426000048

       【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大..... [ 記事へ ]