出版案内
福祉事業団

京セラ、再生医療参入 理研などと男性脱毛症治療研究

脱毛症治療における再生医療で共同研究を発表する京セラの稲垣正祥研究開発本部長(左)ら=東京都千代田区
脱毛症治療における再生医療で共同研究を発表する京セラの稲垣正祥研究開発本部長(左)ら=東京都千代田区

 京セラは12日、再生医療による男性の脱毛症治療で、理化学研究所など2機関と共同研究を実施すると東京都内で発表した。市場規模の拡大が見込まれる再生医療分野に初めて参入するもので、研究では移植用細胞の作製において大量生産に向けた微細加工技術などを提供し、2020年以降の事業化を目指す。

 理研とオーガンテクノロジーズはこれまでに毛が生える元となる毛包から2種類の幹細胞を取り出し、新たな毛包を作る技術をマウス実験で開発。この技術を使って臨床実験する。患者の正常な毛包を利用するため、移植後も拒絶反応が極めて少ないという。正常な毛包を切り取り移植する治療法は実用化されているが、今回は幹細胞段階の培養で毛包を増やすため、毛髪の増加効果が高く、頭皮の負担も少ない。

 ただ、幹細胞の精密な制御や大量製造技術の確立が課題で、医療機器向けの精密部品などに実績のある京セラが参加することで課題を克服していく。

 東京都千代田区で行われた記者会見には3者の代表者が出席。京セラは将来的に医療機関から採取した毛包の提供を受け、幹細胞の培養と毛包作製を手掛ける事業モデルを想定しているとした。20年以降の事業化へ向け、18年度末までに事業化の可能性と具体的な事業スキーム、設備投資のあり方をあらためて検討する。

 同社の稲垣正祥・研究開発本部長は「この研究開発を第1弾として将来の再生医療の市場参入を目指す。理研などの基礎研究、技術に対し、高度な微細加工技術や大量生産のノウハウを融合させる」と述べた。

【 2016年07月12日 23時10分 】

ニュース写真

  • 脱毛症治療における再生医療で共同研究を発表する京セラの稲垣正祥研究開発本部長(左)ら=東京都千代田区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      蚊取り線香、製造ピーク
      緑の渦巻き、恋しい季節

      20170627000124

       蚊に悩まされる夏のシーズンを前に、「金鳥」の商標で知られる蚊取り線香の製造が「大日本除..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪V4伊調選手がギネス授与式
      去就は明言せず

      20170627000128

       昨夏のリオデジャネイロ五輪レスリング女子で金メダルを獲得した伊調馨選手(33)=ALS..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝・二王門、ネットで修復費募る 京都・光明寺

      20170627000065

       京都府北部唯一の国宝建造物、光明寺二王門(綾部市睦寄町)の修復で、28日から事業費の一..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2Aロケット胴体を公開
      日本版GPSの衛星搭載

      20170627000131

       三菱重工業は27日、H2Aロケット35号機の胴体部分を飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣..... [ 記事へ ]

      国際

      劉暁波氏の即時釈放要求しデモ
      香港民主派

      20170627000112

       【香港共同】香港民主派は27日、末期の肝臓がんで中国の病院に入院したノーベル平和賞受賞..... [ 記事へ ]