出版案内
福祉事業団

茶葉厳選、ほんまもんの味「碾玉」販売へ 京都・宇治

10月から宇治市内で販売される高級ブレンド茶「碾玉」(同市宇治・市役所)
10月から宇治市内で販売される高級ブレンド茶「碾玉」(同市宇治・市役所)

 京都府宇治市などが2014年に開発した高級茶「碾玉(てんぎょく)」が、10月1日から市内の店舗で販売されることになった。貴重な市内産の碾(てん)茶と玉露をブレンドし、豊かな香りと深いうまみが特徴。イベントで水出しにして振る舞われてきたが、「どこで購入できるのか」との声が多く寄せられ、商品化した。

 市や宇治茶商工業協会が宇治茶の普及に関する条例制定を記念して作った。うまみが凝縮される伝統の覆下(おおいした)栽培で育てられた手摘みの一番茶のみを使用。市茶生産組合の約20農家が品評会に出した茶葉を厳選し、宇治の茶業者が誇る技術でブレンドしている。

 「宇治でしか飲めないブレンド茶」として観光客らに試飲してもらっていたが、15年度に市などが商品化に向け研究会を発足。販売方法や価格、茶葉の基準、パッケージのデザインなどについて検討してきた。

 府内産のうち、市内産は2%と希少で、茶道用の抹茶として使われるなど高級茶として知られるが、販売は伸び悩んでいる。関係者は「飲んでもらったら、ほんまもんのおいしさが分かる」と宇治茶全体への波及効果を期待している。

 1袋500円(8グラム、税抜き)で約2万袋を販売。協会加盟の市内13店舗で取り扱うほか、市のふるさと納税の返礼品にも加える。9月29日~10月1日の午前9時半から京都市下京区の京都駅新幹線中央口近くで行う観光キャンペーンなどで、数量限定で試飲できる。問い合わせは市農林茶業課TEL0774(20)8723。

【 2016年09月14日 11時30分 】

ニュース写真

  • 10月から宇治市内で販売される高級ブレンド茶「碾玉」(同市宇治・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      「アス飯、一人でも多くの方に」 レシピ本出版で山瀬理恵子さん

      20170823000059

       京都新聞朝刊で2014年4月から3年間、アスリート向けのレシピとコラムからなる「アス飯..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      U―18日本代表主将に清宮
      「2年前思い出して」と意気込み

      20170823000107

       野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(9月1日開幕・サンダーベイ=カナダ)に出場..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      厄よけ祈願、参拝者にぎわう 滋賀・木之本地蔵院で「大縁日」

      20170823000038

       滋賀県長浜市木之本町木之本の木之本地蔵院で22日、恒例の大縁日が始まった。境内や門前は..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領、国境の壁「絶対必要」
      差別発言でメディア批判

      20170823000083

       【フェニックス共同】トランプ米大統領は22日、メキシコと国境を接する西部アリゾナ州フェ..... [ 記事へ ]