出版案内
福祉事業団

光通す陶器、新たな信楽焼に 滋賀・甲賀、照明具など展示

「信楽透土」を使ってつくられたLED照明「サグラダ」(甲賀市信楽町・県立陶芸の森)
「信楽透土」を使ってつくられたLED照明「サグラダ」(甲賀市信楽町・県立陶芸の森)

 陶器でありながら透光性に富む「信楽透土」を信楽の新しい素材として発信しようと、滋賀県甲賀市の県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場などが企画した展覧会が、同市信楽町の県立陶芸の森陶芸館ギャラリーで開かれている。信楽透土を使ったLED照明具などが紹介され、土を通した優しい光が会場を照らし出している。

 信楽透土は信楽の土と、光ファイバーに使われる石英ガラスを混ぜ合わせてつくる。磁器と比べ約3倍の透光性を持つ一方、自由に形が作れるためコストは低い。信楽焼の生産が低迷する中、2007年に同試験場や専門家らが信楽陶製照明器具開発研究会をつくり、2年後に信楽透土を完成させた。10年には東京のギャラリーで初の発表会を開き、光るタヌキの置物や椅子を展示して好評を博した。より日常生活になじむ製品作りを進めている。

 展覧会は陶芸の森との主催で、「信楽透土がプロダクト製品になる…」と題し、照明文化研究会(横浜市)の落合勉会長(68)が総合プロデューサーを務めた。スペインの世界遺産「サグラダ・ファミリア」の形状をイメージしたLED照明や、さいころの形をしたキャンドルスタンドなど、試作した4種類計120点を展示している。

 同試験場は「クリスマスのイルミネーションやプレゼントに利用してもらえるよう、冬頃の商品化を目指す」としている。展覧会は23日まで(20日休館)。無料。問い合わせは陶芸の森TEL0748(83)0909。

【 2016年09月16日 11時10分 】

ニュース写真

  • 「信楽透土」を使ってつくられたLED照明「サグラダ」(甲賀市信楽町・県立陶芸の森)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      千葉県知事選で森田氏3選
      前浦安市長ら大差で破る

      20170326000118

       任期満了に伴う千葉県知事選は26日投開票の結果、無所属の現職森田健作氏(67)が、前浦..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ谷原4位、ジョンソン優勝
      世界選手権最終日

      20170327000005

       【オースティン(米テキサス州)共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、デル・マッチプレー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      悲恋の物語、あでやかに舞う 京都、隨心院で「はねず踊り」

      20170327000026

       小野小町を巡る悲恋の物語を主題にした「はねず踊り」が26日、京都市山科区の隨心院であっ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      懐かしの給食食器買えます 京都市学校歴史博

      20170326000072

       京都市学校歴史博物館(下京区)はこのほど、番組小の地図が描かれたエコバッグや学校給食で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「乳がん検診受けて」
      2千人歩き、啓発呼び掛け

      20170326000068

       乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける「ピンクリボンウオーク2017」が26日、東京都内で..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア各地で反汚職集会
      野党指導者を拘束

      20170326000129

       【モスクワ共同】ロシア各地の主要都市で26日、野党が呼び掛け、プーチン政権の汚職に抗議..... [ 記事へ ]