出版案内
福祉事業団

和船で優雅に琵琶湖疏水観光 京都・大津市が新造へ

京都から大津に向かう「上り便」の試験運航が行われた琵琶湖疏水の観光船事業、本格運航に向け、和船が新造される(2016年11月、京都市山科区)
京都から大津に向かう「上り便」の試験運航が行われた琵琶湖疏水の観光船事業、本格運航に向け、和船が新造される(2016年11月、京都市山科区)

 京都市と大津市は、春と秋に試験運航している琵琶湖疏水の観光船事業で、2017年度に和船2隻を新造する。現在は作業船を使っているが、屋形船風の専用船を造り、18年度からの本格運航に備える。

 和船は、2隻とも長さ約7メートル、幅2・5メートル、高さ1・5メートルで屋根付き。定員は最大12人で、作業船の倍の人数が乗れる仕様にする。デザインは今後詳細を決める。大津市の造船会社に発注し、今年秋にも完成する見通し。

 費用は約4千万円を見込む。大津市は、13日に発表した17年度当初予算案に関連費用を盛り込んだ。京都市も当初予算案に計上する方針で、ふるさと納税で募る寄付金を充てる。国の地方創生交付金や企業の協賛金も活用する。

 観光船事業は両市を中心とした実行委員会が15年度から取り組んでいる。本格運航では、水路を清掃する冬季を除いた約8カ月間に営業する。京都-大津間の往復で1日10便とし、採算確保にめどが立つという。17年度中には運営体制を決め、国土交通省から営業運航許可を得る方針。

【 2017年02月14日 13時50分 】

ニュース写真

  • 京都から大津に向かう「上り便」の試験運航が行われた琵琶湖疏水の観光船事業、本格運航に向け、和船が新造される(2016年11月、京都市山科区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      新学期から集団登下校検討、千葉
      被害女児の小学校、心もケア

      20170327000141

       千葉県我孫子市の女児殺害事件で、女児が通う同県松戸市立六実第二小学校が27日、記者会見..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      横審、優勝稀勢の里関を絶賛
      委員長「自覚備わった」

      20170327000138

       日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は27日、東京都墨田区の両国国技館で定例..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      水路の恵み、魚料理に舌鼓 滋賀・東近江でPRツアー

      20170327000072

       日本遺産に認定された水路景観をPRするモニターツアーがこのほど、滋賀県東近江市伊庭町で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      飯舘「お帰りなさい」帰還を歓迎
      放射線量測定装置にメッセー

      20170327000136

       東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部地域を除き今月末に解除される福島県飯舘村で..... [ 記事へ ]

      国際

      マレーシア、北朝鮮と協議合意か
      正男氏殺害事件で

      20170327000121

       【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシアの中国語紙、中国報は27..... [ 記事へ ]