出版案内
福祉事業団

和船で優雅に琵琶湖疏水観光 京都・大津市が新造へ

京都から大津に向かう「上り便」の試験運航が行われた琵琶湖疏水の観光船事業、本格運航に向け、和船が新造される(2016年11月、京都市山科区)
京都から大津に向かう「上り便」の試験運航が行われた琵琶湖疏水の観光船事業、本格運航に向け、和船が新造される(2016年11月、京都市山科区)

 京都市と大津市は、春と秋に試験運航している琵琶湖疏水の観光船事業で、2017年度に和船2隻を新造する。現在は作業船を使っているが、屋形船風の専用船を造り、18年度からの本格運航に備える。

 和船は、2隻とも長さ約7メートル、幅2・5メートル、高さ1・5メートルで屋根付き。定員は最大12人で、作業船の倍の人数が乗れる仕様にする。デザインは今後詳細を決める。大津市の造船会社に発注し、今年秋にも完成する見通し。

 費用は約4千万円を見込む。大津市は、13日に発表した17年度当初予算案に関連費用を盛り込んだ。京都市も当初予算案に計上する方針で、ふるさと納税で募る寄付金を充てる。国の地方創生交付金や企業の協賛金も活用する。

 観光船事業は両市を中心とした実行委員会が15年度から取り組んでいる。本格運航では、水路を清掃する冬季を除いた約8カ月間に営業する。京都-大津間の往復で1日10便とし、採算確保にめどが立つという。17年度中には運営体制を決め、国土交通省から営業運航許可を得る方針。

【 2017年02月14日 13時50分 】

ニュース写真

  • 京都から大津に向かう「上り便」の試験運航が行われた琵琶湖疏水の観光船事業、本格運航に向け、和船が新造される(2016年11月、京都市山科区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      活性化で市民チーム立ち上げ 京都・亀岡のスタジアム計画

      20171211000014

       京都府亀岡市は、府が建設する球技専用スタジアムをまちの活性化に生かすソフト事業を市民参..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      鈴木愛は世界ランク31位に浮上
      女子ゴルフ、野村敏京は35

      20171211000041

       女子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、鈴木愛は前週の32位から31位に浮上..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「読者と一緒に考えたい」 ミシマ社の異色雑誌「ちゃぶ台」

      20171211000038

       ミシマ社の異色の総合雑誌「ちゃぶ台」が創刊3号を迎えた。「多くの人がまだ気付いていない..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学校のどこが嫌?」 京都の教員、フリースクールに学ぶ

      20171210000041

       不登校の児童や生徒が通うフリースクールに対して、教育委員会や学校関係者の関心が高まって..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都議定書20年、誕生地で会議
      市主催、温暖化考える

      20171210000121

       1997年の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に温室効果ガスの排..... [ 記事へ ]

      国際

      ユニセフ、若年ネット利用に警鐘
      影響に関する報告書発表

      20171211000029

       【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は11日付で、インターネットが子どもや若者..... [ 記事へ ]