出版案内
福祉事業団

飲み応え重視、カップ酒大容量化 京都、酒造大手が新商品

黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」
黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」

 カップ酒が大容量化している。従来は1合(180ミリリットル)が主流で最大でも270ミリリットルだったが、京都や兵庫の酒造大手が300ミリリットルを次々と市場に投入。飲み応えを重視する左党のニーズを取り込もうとしている。

 黃桜(京都市伏見区)は7日、カップ酒「黄桜『辛口一献』」の商品展開に、300ミリリットル入りの「ビッグカップ」を追加した。すでに販売している270ミリリットルと価格を据え置いたまま、30ミリリットル増量した。「カップ酒の『ヘビーユーザー』を取り込みたい」(広報担当者)と狙いを語る。

 月桂冠(同区)は昨年8月、300ミリリットル入りの「月桂冠カップ」を通年販売商品に加えた。今年2月には8月までの限定品としてフルーティな香りの「しぼりたてカップ」を発売。カップ酒の市場では、大容量タイプの需要が高まっているといい、味の種類を増やして他社との差異化を図る。

 2009年に300ミリリットルカップ酒を業界で初めて販売した日本盛(兵庫県西宮市)。「270ミリリットルでは少し足りない」というカップ酒愛飲家の意見を基に商品化し、昨年5月までに累計4000万本を販売した。コンビニ専売商品は「超盛(ちょうもり)」の名前で販売するなど工夫し、「若い年代など新たなファンの獲得につなげたい」(広報担当者)としている。

【 2017年03月16日 22時40分 】

ニュース写真

  • 黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      出直し選で畠山氏初当選
      贈収賄事件の上尾市

      20171217000120

       ごみ処理業務を巡る贈収賄事件で逮捕、起訴された前市長の辞職に伴う埼玉県上尾市の出直し市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯ジャンプ、小林潤8位
      男子第7戦

      20171218000001

       【エンゲルベルク(スイス)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      各地の郷土芸能、高校生が熱演 京都で全国フェス

      20171217000107

       郷土芸能や邦楽を披露する「全国高校生伝統文化フェスティバル」(文化庁、京都府など主催)..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]

      国際

      イラン元大統領から放射性物質?
      1月死去、体内から検出か

      20171217000103

       【テヘラン共同】今年1月に心臓発作のため死去したイランの穏健派ラフサンジャニ元大統領=..... [ 記事へ ]