出版案内
福祉事業団

飲み応え重視、カップ酒大容量化 京都、酒造大手が新商品

黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」
黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」

 カップ酒が大容量化している。従来は1合(180ミリリットル)が主流で最大でも270ミリリットルだったが、京都や兵庫の酒造大手が300ミリリットルを次々と市場に投入。飲み応えを重視する左党のニーズを取り込もうとしている。

 黃桜(京都市伏見区)は7日、カップ酒「黄桜『辛口一献』」の商品展開に、300ミリリットル入りの「ビッグカップ」を追加した。すでに販売している270ミリリットルと価格を据え置いたまま、30ミリリットル増量した。「カップ酒の『ヘビーユーザー』を取り込みたい」(広報担当者)と狙いを語る。

 月桂冠(同区)は昨年8月、300ミリリットル入りの「月桂冠カップ」を通年販売商品に加えた。今年2月には8月までの限定品としてフルーティな香りの「しぼりたてカップ」を発売。カップ酒の市場では、大容量タイプの需要が高まっているといい、味の種類を増やして他社との差異化を図る。

 2009年に300ミリリットルカップ酒を業界で初めて販売した日本盛(兵庫県西宮市)。「270ミリリットルでは少し足りない」というカップ酒愛飲家の意見を基に商品化し、昨年5月までに累計4000万本を販売した。コンビニ専売商品は「超盛(ちょうもり)」の名前で販売するなど工夫し、「若い年代など新たなファンの獲得につなげたい」(広報担当者)としている。

【 2017年03月16日 22時40分 】

ニュース写真

  • 黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      三軒茶屋駅で停電、運転見合わせ
      東急・田園都市線など

      20171019000047

       19日午前9時5分ごろ、東京都世田谷区にある東急電鉄田園都市線の三軒茶屋駅で停電が発生..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      幼い頃からライバル、京都の2人活躍誓う 男子フィギュア

      20171019000061

       世界のトップ選手が集う日本男子フィギュアスケート界で、京都ゆかりの同級生2人が奮闘して..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ねねの生涯、闇夜に浮かぶ 京都・高台寺で夜間点灯

      20171018000165

       京都市東山区の高台寺で21日から秋の夜間特別拝観が始まるのを前に、方丈前庭に映像を投影..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]

      国際

      共産党、規律違反153万人処分
      中国、過去5年に

      20171019000069

       【北京共同】中国の楊暁渡監察相は19日、北京で記者会見し、習近平指導部が発足して以降の..... [ 記事へ ]