出版案内
福祉事業団

飲み応え重視、カップ酒大容量化 京都、酒造大手が新商品

黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」
黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」

 カップ酒が大容量化している。従来は1合(180ミリリットル)が主流で最大でも270ミリリットルだったが、京都や兵庫の酒造大手が300ミリリットルを次々と市場に投入。飲み応えを重視する左党のニーズを取り込もうとしている。

 黃桜(京都市伏見区)は7日、カップ酒「黄桜『辛口一献』」の商品展開に、300ミリリットル入りの「ビッグカップ」を追加した。すでに販売している270ミリリットルと価格を据え置いたまま、30ミリリットル増量した。「カップ酒の『ヘビーユーザー』を取り込みたい」(広報担当者)と狙いを語る。

 月桂冠(同区)は昨年8月、300ミリリットル入りの「月桂冠カップ」を通年販売商品に加えた。今年2月には8月までの限定品としてフルーティな香りの「しぼりたてカップ」を発売。カップ酒の市場では、大容量タイプの需要が高まっているといい、味の種類を増やして他社との差異化を図る。

 2009年に300ミリリットルカップ酒を業界で初めて販売した日本盛(兵庫県西宮市)。「270ミリリットルでは少し足りない」というカップ酒愛飲家の意見を基に商品化し、昨年5月までに累計4000万本を販売した。コンビニ専売商品は「超盛(ちょうもり)」の名前で販売するなど工夫し、「若い年代など新たなファンの獲得につなげたい」(広報担当者)としている。

【 2017年03月16日 22時40分 】

ニュース写真

  • 黄桜が発売した「辛口一献 ビッグカップ 300ml」(左)、月桂冠が春夏の限定商品として発売した「しぼりたてカップ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      山口市に待望スターバックス
      県庁所在地最後の出店

      20170818000054

       都道府県庁所在地で唯一、スターバックスコーヒージャパン(東京)のカフェが無かった山口市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ石川18位、岩田は出遅れ
      ウィンダム選手権第1日

      20170818000058

       【グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)共同】米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「船渡御」夕暮れの川ゆったり 大津・建部大社の船幸祭

      20170817000167

       大津三大祭りの一つ、建部大社(大津市神領1丁目)の船幸祭(せんこうさい)は17日、本祭..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSで不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に

      20170817000171

       通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り..... [ 記事へ ]

      国際

      米共和党にトランプ批判拡大
      「能力示せず」と有力議員

      20170818000033

       【ワシントン共同】米共和党の有力議員、コーカー上院外交委員長は17日、トランプ大統領が..... [ 記事へ ]