出版案内
福祉事業団

GPSなくてもドローン航行可能に 京都に団体発足へ

最新のドローンが紹介された展示会。GPSが使えない場所での飛行技術を検討する研究会が今夏に立ち上がる(京都市下京区・京都リサーチパーク)
最新のドローンが紹介された展示会。GPSが使えない場所での飛行技術を検討する研究会が今夏に立ち上がる(京都市下京区・京都リサーチパーク)

 衛星利用測位システム(GPS)が使えない場所でも小型無人機「ドローン」が自動航行できる技術の確立を目指す民間団体が今夏、京都市内で発足する。京都の電子部品大手とも連携し、技術の検証を進める予定で、将来的にはロボットや自動車の自動走行への活用も図る。

 団体は「ドローン自動飛行開発協会」。GPSが利用できないトンネルや上下水道、工場などでもドローンの自動航行をできるようにしようと、昨年秋ごろから関西や首都圏のドローン関連企業が設立を準備してきた。

 団体ではGPSに頼らず、画像や電波、レーザーなどでドローンの現在位置を把握する技術や機体の開発を目指す。今後、参加企業を募り、センサーや画像認識に強みを持つ京都企業の協力も得ていく。将来は、工場内を自動で走行する産業用ロボットなどにも展開させていく考えだ。

 先月下旬には協力する企業が機体の展示会を京都リサーチパーク(京都市下京区)で開き、団体設立を進めるドローンジャパン(東京都)の春原久徳社長が「日本初の団体を京都でつくり、ドローンによるインフラ点検などを普及させたい」と抱負を述べた。

【 2017年04月07日 08時54分 】

ニュース写真

  • 最新のドローンが紹介された展示会。GPSが使えない場所での飛行技術を検討する研究会が今夏に立ち上がる(京都市下京区・京都リサーチパーク)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      20万人減時代へ周辺部対応に重点 京都市が検討本格化

      20170627000021

       京都市は今後20年余りで人口が約20万人減少する見通しを踏まえ、「持続可能な都市づくり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関高安が本格始動
      稀勢の里と15番「いい汗」

      20170627000054

       大相撲の新大関高安が27日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋で名古屋入り後初の朝稽古を行い..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝・二王門、ネットで修復費募る 京都・光明寺

      20170627000065

       府北部唯一の国宝建造物、光明寺二王門(綾部市睦寄町)の修復で、28日から事業費の一部を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]

      国際

      米ディズニー地図8千万円
      世界最初の「ランド」原案

      20170627000062

       【ロサンゼルス共同】米カリフォルニア州にある世界最初のディズニーランドの原案として、ウ..... [ 記事へ ]