出版案内
福祉事業団

GPSなくてもドローン航行可能に 京都に団体発足へ

最新のドローンが紹介された展示会。GPSが使えない場所での飛行技術を検討する研究会が今夏に立ち上がる(京都市下京区・京都リサーチパーク)
最新のドローンが紹介された展示会。GPSが使えない場所での飛行技術を検討する研究会が今夏に立ち上がる(京都市下京区・京都リサーチパーク)

 衛星利用測位システム(GPS)が使えない場所でも小型無人機「ドローン」が自動航行できる技術の確立を目指す民間団体が今夏、京都市内で発足する。京都の電子部品大手とも連携し、技術の検証を進める予定で、将来的にはロボットや自動車の自動走行への活用も図る。

 団体は「ドローン自動飛行開発協会」。GPSが利用できないトンネルや上下水道、工場などでもドローンの自動航行をできるようにしようと、昨年秋ごろから関西や首都圏のドローン関連企業が設立を準備してきた。

 団体ではGPSに頼らず、画像や電波、レーザーなどでドローンの現在位置を把握する技術や機体の開発を目指す。今後、参加企業を募り、センサーや画像認識に強みを持つ京都企業の協力も得ていく。将来は、工場内を自動で走行する産業用ロボットなどにも展開させていく考えだ。

 先月下旬には協力する企業が機体の展示会を京都リサーチパーク(京都市下京区)で開き、団体設立を進めるドローンジャパン(東京都)の春原久徳社長が「日本初の団体を京都でつくり、ドローンによるインフラ点検などを普及させたい」と抱負を述べた。

【 2017年04月07日 08時54分 】

ニュース写真

  • 最新のドローンが紹介された展示会。GPSが使えない場所での飛行技術を検討する研究会が今夏に立ち上がる(京都市下京区・京都リサーチパーク)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      「平和な子ども描けない」
      安保訴訟で児童文学作家那須さん

      20170426000128

       安全保障関連法は違憲として、山口県の116人が国に1人当たり10万円の慰謝料を求めた訴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪、ラグビーW杯組織委が協定
      大会の成功へ連携

      20170426000138

       2020年東京五輪・パラリンピックとラグビーの19年ワールドカップ(W杯)日本大会の両..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      草間彌生さんら京都のメイン行事に 日中韓交流イベント

      20170426000070

       2月に開幕した日中韓交流イベント「東アジア文化都市2017京都」(京都市、同実行委主催..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      野外のコウノトリふ化、島根
      特別天然記念物、ひな1羽確認

      20170426000123

       島根県雲南市教育委員会は26日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市内で育ててい..... [ 記事へ ]

      国際

      金正恩氏が攻撃演習視察
      軍創建記念で過去最大規模

      20170426000048

       【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大..... [ 記事へ ]