出版案内
福祉事業団

幻の京野菜「大内かぶ」 京都・美山の特産に

「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)
「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)

 京都府南丹市美山町で収穫される幻の京野菜「大内かぶ」の特産化に向け、飲食業者らと生産者が意見交換する交流会が、このほど同町内久保で開かれた。ほ場見学と試食を通じ、生産拡大や市場流通への道筋を探った。

 伝統野菜を生かした農業振興に取り組む府と地元住民が、初めて開いた。大内かぶは糖度が高く煮崩れしないのが特徴で、ほろ苦い葉や茎も料理に使われる。同区では500年もの栽培歴があるが、表面がゴツゴツしているなど見た目の悪さなどから、ほとんど流通してこなかったという。

 交流会には京都市や南丹市内の漬物業者、料理人、観光業者など約30人が参加。地元主婦が作った大内かぶの漬物、スープ、花菜のロールサラダなどを試食し、意見交換した。

 京都市内の業者からは「葉や茎は十分に商品価値のある味」「甘みで聖護院かぶと差別化できる」など評価された一方、「生産量が確保できるか」など、収穫量や時期、価格への質問も相次いだ。住民は交流を通じ、栽培地を広げることや、後継者確保の重要性を再認識していた。

【 2017年04月12日 22時00分 】

ニュース写真

  • 「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      「平和な子ども描けない」
      安保訴訟で児童文学作家那須さん

      20170426000128

       安全保障関連法は違憲として、山口県の116人が国に1人当たり10万円の慰謝料を求めた訴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪、ラグビーW杯組織委が協定
      大会の成功へ連携

      20170426000138

       2020年東京五輪・パラリンピックとラグビーの19年ワールドカップ(W杯)日本大会の両..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      草間彌生さんら京都のメイン行事に 日中韓交流イベント

      20170426000070

       2月に開幕した日中韓交流イベント「東アジア文化都市2017京都」(京都市、同実行委主催..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      野外のコウノトリふ化、島根
      特別天然記念物、ひな1羽確認

      20170426000123

       島根県雲南市教育委員会は26日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市内で育ててい..... [ 記事へ ]

      国際

      金正恩氏が攻撃演習視察
      軍創建記念で過去最大規模

      20170426000048

       【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を祝う過去最大..... [ 記事へ ]