出版案内
福祉事業団

幻の京野菜「大内かぶ」 京都・美山の特産に

「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)
「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)

 京都府南丹市美山町で収穫される幻の京野菜「大内かぶ」の特産化に向け、飲食業者らと生産者が意見交換する交流会が、このほど同町内久保で開かれた。ほ場見学と試食を通じ、生産拡大や市場流通への道筋を探った。

 伝統野菜を生かした農業振興に取り組む府と地元住民が、初めて開いた。大内かぶは糖度が高く煮崩れしないのが特徴で、ほろ苦い葉や茎も料理に使われる。同区では500年もの栽培歴があるが、表面がゴツゴツしているなど見た目の悪さなどから、ほとんど流通してこなかったという。

 交流会には京都市や南丹市内の漬物業者、料理人、観光業者など約30人が参加。地元主婦が作った大内かぶの漬物、スープ、花菜のロールサラダなどを試食し、意見交換した。

 京都市内の業者からは「葉や茎は十分に商品価値のある味」「甘みで聖護院かぶと差別化できる」など評価された一方、「生産量が確保できるか」など、収穫量や時期、価格への質問も相次いだ。住民は交流を通じ、栽培地を広げることや、後継者確保の重要性を再認識していた。

【 2017年04月12日 22時00分 】

ニュース写真

  • 「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      京都・与謝野の温泉施設、改修へ 存続要望に応え

      20180122000115

       京都府与謝野町は、同町岩滝の温泉施設「クアハウス岩滝」を改修する方針を決めた。開設から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NFL、ペイトリオッツSB進出
      イーグルスは13季ぶり

      20180122000020

       【フォックスボロ(米マサチューセッツ州)共同】米プロフットボール、NFLのプレーオフは..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「地酒電車」今年も運行 近江鉄道、11銘柄飲み放題

      20180122000101

       列車に揺られながら日本酒を楽しむ「近江の地酒電車」が26日から運行を開始する。滋賀の1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮視察団、ソウルでも下見
      五輪公演で、保守派が抗議

      20180122000100

       【ソウル共同】平昌冬季五輪に合わせ北朝鮮が韓国で「三池淵管弦楽団」の公演を行うとの南北..... [ 記事へ ]