出版案内
福祉事業団

幻の京野菜「大内かぶ」 京都・美山の特産に

「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)
「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)

 京都府南丹市美山町で収穫される幻の京野菜「大内かぶ」の特産化に向け、飲食業者らと生産者が意見交換する交流会が、このほど同町内久保で開かれた。ほ場見学と試食を通じ、生産拡大や市場流通への道筋を探った。

 伝統野菜を生かした農業振興に取り組む府と地元住民が、初めて開いた。大内かぶは糖度が高く煮崩れしないのが特徴で、ほろ苦い葉や茎も料理に使われる。同区では500年もの栽培歴があるが、表面がゴツゴツしているなど見た目の悪さなどから、ほとんど流通してこなかったという。

 交流会には京都市や南丹市内の漬物業者、料理人、観光業者など約30人が参加。地元主婦が作った大内かぶの漬物、スープ、花菜のロールサラダなどを試食し、意見交換した。

 京都市内の業者からは「葉や茎は十分に商品価値のある味」「甘みで聖護院かぶと差別化できる」など評価された一方、「生産量が確保できるか」など、収穫量や時期、価格への質問も相次いだ。住民は交流を通じ、栽培地を広げることや、後継者確保の重要性を再認識していた。

【 2017年04月12日 22時00分 】

ニュース写真

  • 「大内かぶ」の漬物やクリームスープなどを試食し、意見交換する飲食業者たち(南丹市美山町内久保・内久保公民館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      1型糖尿病患者が集団提訴、大阪
      障害年金の支給求め

      20171120000123

       血糖を下げるインスリンが体内でつくれなくなる1型糖尿病の患者9人が20日、病状が改善し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]

      国際

      NY百貨店、サンタ面会は予約制
      懐疑的な声も

      20171120000101

       米老舗百貨店のメーシーズは19日までに、クリスマスを控えてサンタクロースと会い、記念撮..... [ 記事へ ]