出版案内
福祉事業団

ワコール、下着ネット販売強化 卸売不振で倍増図る

ワコールの公式通販サイト。同社は売上高に占めるインターネット販売の割合を2倍に高める方針だ
ワコールの公式通販サイト。同社は売上高に占めるインターネット販売の割合を2倍に高める方針だ

 下着大手ワコール(京都市南区)の安原弘展社長は3日、国内事業におけるインターネット販売の売上高比率を、小売りベースで2017年3月期の約2倍となる2割に引き上げる目標を示した。主力の卸売事業は量販店や百貨店の販売不振で低迷しており、インターネット販売と実店舗でのサービスを組み合わせる「オムニチャネル」に注力し、収益構造の転換を図る狙い。

 地方百貨店や量販店の閉店が相次ぐ中、売上高(小売りベース)の7割を占める卸事業は年々、縮小傾向にある。半面、インターネットを通じたEC(電子商取引)の販売割合は伸長している。

 同社は4月にオムニチャネル戦略推進部を発足させた。販売データなどの顧客情報を、量販店や百貨店など卸売の得意先店舗と連携して電子化し、市場調査や新たなサービスの開発に役立てる。

 安原社長は会見で「顧客の『どう買いたいか』に寄り添った販売方法を確立していく」と述べ、卸と小売事業の戦略見直しについて説明。「ワコール」と「ウイング」の主力2ブランドの商品展開数を全体で2割削減することや、直営店の出店は採算性をより重視するとして拡大戦略を見直す考えを示した。

 下着業界では近年、ネット販売が伸びている。下着のネット販売専業の白鳩は、業績を急速に拡大。紳士下着大手のグンゼも、中国への越境ECに注力している。実店舗の販売が苦戦する中、ワコールの事業戦略の見直しは、こうした傾向にさらに拍車をかけそうだ。

【 2017年08月03日 22時30分 】

ニュース写真

  • ワコールの公式通販サイト。同社は売上高に占めるインターネット販売の割合を2倍に高める方針だ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      G20大阪開催を正式発表
      菅官房長官

      20180221000069

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、日本で初めての開催となる2019年の20カ国・地域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      坂本は自己最高73・18点
      フィギュア・21日

      20180221000078

       30人によるフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、初出場の坂本花織..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      150キロ、こんなに大きい 京都・力奉納の餅展示

      20180221000071

       巨大な餅を持ち上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日に醍醐寺(京都市伏見区)で行われ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア疑惑捜査で弁護士を起訴
      米特別検察官、偽証罪で

      20180221000005

       【ワシントン共同】トランプ米政権のロシア疑惑に絡み、モラー特別検察官が偽証罪で新たに弁..... [ 記事へ ]