出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

唐紙の魅力、作って体験を 京都の会社が施設

版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)
版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)

 襖紙(ふすまがみ)や壁紙に使われる京都の伝統工芸品「唐紙」を身近に感じてもらおうと、内装材卸会社の丸二(京都市下京区)が26日、体験施設「唐丸」を本社隣にオープンさせる。唐紙の製作体験ができる工房やギフト商品の販売スペースを設け、魅力を発信する。

 唐紙は、文様を彫り込んだ版木に絵の具を塗り、和紙を上から重ねて写し取って作る。奈良時代に唐から伝わり、平安時代には京都で作られるようになったとされる。古くは料紙として使われ、その後和室の襖などに利用されてきた。

 同社は、唐紙のギャラリー開設や製作体験イベントなどを通じて唐紙のPRに取り組んできた。近年、増加している京都の観光客にも、唐紙の良さを伝えようと、施設建設を決めた。

 施設は2階建て延べ約240平方メートル。1階には、唐紙を材料に使ったインテリアやギフト商品を販売する店舗と、専用キットを使ったポストカードの製作体験(1800円)ができるスペースを設けた。2階には職人の工房を山科区から移設。工房見学や本物の版木(縦28センチ、横47センチ)を用いて職人が手ほどきする「小判摺り」体験(3900円)ができる。

 4日には関係者向けの内覧会が開かれ、参加者がポストカードや小判摺りの体験を楽しんだ。西村和紀社長は「体験施設を通して唐紙ファンを増やしたい。伝統文化全般に興味を広げることにもつながるのでは」と期待している。体験は唐丸のホームページを通じて受け付ける。問い合わせは同社075(361)1321。

【 2017年08月11日 23時27分 】

ニュース写真

  • 版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      更生へ治療的司法「実現目指す」
      センター設立1年シンポ

      20180721000117

       薬物や万引などの再犯を減らすため、刑罰より更生支援を重視する「治療的司法」を対象とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷は1安打2得点
      アストロズ戦

      20180723000029

       ▽エンゼルス―アストロズ(22日・アナハイム) エンゼルスの大谷は「5番・指名打者」で出..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・伊根にサイクリング休憩施設 丹後初、愛車の整備も

      20180723000026

       サイクリングの愛好家が休憩や自転車の整備などに活用できる施設「エイドステーション」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]

      国際

      米朝外交「根本的に信頼欠如」
      在韓軍司令官

      20180723000037

       【ワシントン共同】ブルックス在韓米軍司令官は21日、米西部コロラド州で開かれた会合にテ..... [ 記事へ ]