出版案内
福祉事業団

京都産野菜流通へ新事業続々 独自ブランドや仲介サイト

京都府内の農家から仕入れた野菜を袋詰めするトレードのスタッフ。検品も徹底する(京都市伏見区)
京都府内の農家から仕入れた野菜を袋詰めするトレードのスタッフ。検品も徹底する(京都市伏見区)

 農産物を流通させる新たな事業が、京都で生まれている。京都府内産の野菜を生産者から直接仕入れて独自ブランドで全国に販売したり、インターネットを通じて生産者と買い手をつなげたりするビジネスが登場。小売業者や飲食店などに販路を開拓している。

 市場間で野菜の流通を調整する事業や植物工場の運営を手掛けるトレード(京都市下京区)は、府内産野菜を生産者から直接買い入れ、「洛市」のブランドで首都圏を中心とした全国に販売するビジネスが好調だ。2011年の開始から受注が伸び、17年度は売上高7億円を計画する。

 生産者からは各品目をほぼ一定の価格で仕入れ、独自デザインの袋に詰めて販売するのが特徴だ。営農の計画を立てやすくなる利点があり、取引農家は約270軒に増えた。卸先にとっても量や価格が安定するため、顧客は関東を中心に百貨店やスーパーなど約800店に広がった。

 トレードの木村友哉ブランド野菜事業部長は「府内産野菜は量や価格が安定しないため関東での流通が難しかったが、直接仕入れで課題をクリアできた。今後、府内産の野菜が全国で日常的に使われるようにしたい」と意気込む。

 農業ベンチャーの坂ノ途中(南区)は、有機栽培に取り組む農家と買い手をつなげるサイト「farmO(ファーモ)」を1月に開設した。生産者は栽培方法や品目などを、買い手は求める野菜や店の考え方などをそれぞれ登録し、ニーズに合えば取引を進める。登録者以外も雑談や質問、要望を書き込める。現在、生産者は約180軒、買い手は飲食店や八百屋など約80軒が登録している。

 狙いは、新規就農者が多い有機栽培農家が課題とする販路開拓や情報共有を支援することだ。買い手も有機栽培農家を探す手間を省くことができる。7月には実際に生産者と買い手が交流する催しを市内で開催した。

 事業は、貸農園運営のマイファーム(下京区)などとつくる「次代の農と食を創る会」と協力し、農林水産省から補助金を受ける。来年度末には生産者千軒、買い手は500軒の登録を目指す。坂ノ途中の小野邦彦社長は「有機農業に関わる全ての人が使う情報インフラにしたい」としている。

【 2017年08月24日 09時06分 】

ニュース写真

  • 京都府内の農家から仕入れた野菜を袋詰めするトレードのスタッフ。検品も徹底する(京都市伏見区)
  • 生産者と買い手の交流を目的に坂ノ途中が企画した催し(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      文京区のネットカフェに刃物強盗
      現金奪われ男性従業員重傷

      20171122000006

       21日午後7時25分ごろ、東京都文京区湯島3丁目のビル4階にあるインターネットカフェで..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      協和発酵キリンの選手 京都の卓球愛好家らと交流会

      20171121000176

       卓球男子の協和発酵キリンの選手たちが20日、京都市南区の市障害者教養文化・体育会館で、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      休館中の南座に巨大絵 顔見世の活気描く

      20171121000174

       耐震改修のため長期休館中の南座(京都市東山区)に21日、まねき看板など往年の顔見世興行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPSでアルツハイマー抑制薬 京大、組み合わせ発見

      20171122000013

       アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所..... [ 記事へ ]

      国際

      「勝利宣言」は砂漠掃討後に
      イラク首相、対イスラム国で

      20171122000008

       【カイロ共同】イラクのアバディ首相は21日の記者会見で、過激派組織「イスラム国」(IS..... [ 記事へ ]