出版案内
福祉事業団

京都ロイヤルホテル閉業へ 売却先、建て替えも

閉業することが分かった京都ロイヤルホテル&スパ(12日、京都市中京区)
閉業することが分かった京都ロイヤルホテル&スパ(12日、京都市中京区)

 京都市中京区河原町通三条上ルの老舗ホテル「京都ロイヤルホテル&スパ」が、来年1月31日で閉業することが12日、分かった。保有する東京都の投資会社が施設の老朽化で改修を検討したが、多額の耐震費用がかかるため売却を決めた。売却先は、現在の建物を取り壊し、新たにホテルを建設する意向を示しているという。

 同ホテルは地上10階地下3階建て延べ3万4600平方メートル。客室数は443室で、結婚式場や宴会場も備える。

 関係者によると、開業から40年超が経過した同ホテルの建物は現行の耐震基準を満たしておらず、大規模な改修や建て替えが必要だった。ただ、改修には数十億円規模の費用が必要となる上、補強材の設置で客室などが狭くなり、収益性の低下も見込まれるため、投資会社が売却を決定した。既に入札を行い、買い手が決定した。

 同ホテルは1972年に開業。86年にはセゾングループの西洋環境開発(東京都)の傘下に入ったが、同社の特別清算に伴い、東京都の投資会社が2001年に取得した。05年にエステサービスなどを提供するスパの開設に合わせ、現在の名称に変更した。河原町通に面した立地の良さから地元客による宴会利用が多く、近年は訪日外国人観光客の増加を受けて客室稼働率も順調だったと見られる。

 京都市内のホテルでは近年、運営主体の変更で建て替えを行う例が相次いでいる。中京区の鴨川沿いにあったホテルフジタ京都の跡地には、外資系高級ホテルのザ・リッツ・カールトン京都が14年に開業した。同区の京都国際ホテル跡地では、三井不動産が20年前後に200室規模の高級ホテルを建設する計画を明らかにしている。

【 2017年09月13日 08時26分 】

ニュース写真

  • 閉業することが分かった京都ロイヤルホテル&スパ(12日、京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子回転の湯浅は33位に後退
      滑走順に反映のランク

      20180124000046

       【シュラートミング(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子回転..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝守る水のアーチ 京都・醍醐寺で防火訓練

      20180124000043

       文化財を災害から守る「文化財防火運動」が23日始まり、京都市内各地で訓練や広報活動があ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      コハクチョウ夫婦、今季も飛来 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20180124000047

       「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥のコハクチョウ2羽が、今シーズンも滋賀県草津市の琵琶湖岸に..... [ 記事へ ]

      国際

      日本、核禁条約参加は可能
      フィン氏、首相会えず失望

      20180124000022

       【ダボス共同】非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリ..... [ 記事へ ]