出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の商業地、全国一の上昇率 基準地価、外国人客急増で

 国土交通省は19日、2017年7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表した。 京都府内の基準地価は、外国人観光客の急増で宿泊施設の需要が高まり、商業地の平均上昇率が前年比2・4ポイント増の5・7%と、全国の都道府県でトップとなった。

 地域別では、京都市域が3・8ポイント増の10・3%と地価上昇をけん引した。行政区別では中京の17・1%が最も高く、下京16・1%、東山15・7%と続いた。京都市近郊の宇治市(4・3%)と長岡京市(1・6%)、京田辺市(1・0%)も上昇した。

 一方、他地域は軒並み下がり、下落率は丹後地域が2・7%、南丹2・2%、中丹1・6%、山城0・2%で、土地需要の二極化が進んでいる。

 住宅地は10年連続下落した。平均下落率は前年比0・1ポイント改善し、0・3%だった。京都市は1・0%上昇し、行政区別では、山科と右京、伏見を除く8区で上昇した。

■滋賀は9年連続下落、進む二極化

 滋賀県内は住宅地や商業地など全用途の平均変動率がマイナス0・5%で、9年連続の下落となった。主要駅周辺の商業地を中心に上昇がみられる一方、人口減少が進む郊外の住宅地などで下落幅が拡大。交通至便地と郊外地の二極化傾向が続いた。

 商業地はプラス0・1%で4年連続で上昇したが、上昇幅は前年より0・1ポイント縮小した。守山市や栗東市など5市がプラスとなり、近江八幡市も上昇に転じた。

 住宅地はマイナス0・8%と9年連続で下落し、下落幅は前年より0・2ポイント拡大した。守山、草津、野洲の3市がプラスとなり、栗東市が下落に転じた。大津市など8市町は下落幅が拡大した。

 市町別の全用途では、草津、守山、栗東、野洲の4市がプラスを維持したが、大津市はマイナスに転じた。

【 2017年09月19日 23時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      故郷よ、母よ…絶望の沖縄戦に死した、京都出身の兵士の日記

      20180623000032

       23日は沖縄慰霊の日。73年前、激しい地上戦が繰り広げられた沖縄戦で戦死した京都出身者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、畑岡2位と好発進
      上原、野村は79位

      20180623000041

       【ロジャーズ(米アーカンソー州)共同】米女子ゴルフのアーカンソー選手権は22日、アーカ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都府立大と宇治市が連携協定 地域振興や人材育成を目指す

      20180623000048

       京都府宇治市と京都府立大(京都市左京区)が22日、連携協力協定を結んだ。相互交流を活発..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさに「クイーン」も注目
      小惑星「りゅうぐう」接近に祝

      20180623000008

       【ワシントン共同】探査機はやぶさ2が捉えた小惑星「りゅうぐう」の画像に、英ロックバンド..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]