出版案内
福祉事業団

近江牛、台湾に輸出 日本産輸入解禁、年間10トン見込む

台湾への輸出が決まった日本三大和牛の近江牛
台湾への輸出が決まった日本三大和牛の近江牛

 台湾が日本産牛肉の輸入を解禁したことを受けて、滋賀県の畜産農家や食肉問屋でつくる近江牛輸出振興協同組合(滋賀県近江八幡市)は、和食ブームに沸く台湾に近江牛を初めて輸出することを決めた。年間約10トンの輸出を見込んでおり、22日に台湾側と契約を結ぶ。

 台湾は2001年、日本での牛海綿状脳症(BSE)感染牛の確認を受けて日本産牛肉の輸入を禁止した。その後、BSEが長期間発生しなかったことから、今月18日に解禁した。組合は畜産農家5軒、流通業者、輸出業者各4社で構成され、2年前から台湾の輸入業者と交渉してきた。

 組合によると、生後30カ月以下の近江牛が対象で、最初の1年間は毎月800キロを輸出し、2年目からは取引量を倍増させることで台湾側と一致した。肩ロースが人気のタイや、サーロインやリブロースのロイン系に集中するシンガポールと異なり、台湾へは1頭分のフルセットで輸出する方針。

 台湾ではすき焼きやしゃぶしゃぶなど日本の食文化が浸透しているといい、澤井隆男代表理事(60)は「国内の消費動向を考えると少子高齢化の中で需給バランスは崩れていく。世界の富裕層の胃袋を近江牛で満たしたい」と語る。

 県畜産課によると、2016年度に滋賀食肉センターで処理され、輸出された近江牛は348頭分の28・3トン。

【 2017年09月22日 09時05分 】

ニュース写真

  • 台湾への輸出が決まった日本三大和牛の近江牛
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      豪雨被災地「なぜ今選挙なのか」
      爪痕なお深く、各陣営苦心

      20171017000023

       九州北部の豪雨や台風18号による被害の爪痕が今なお深く残る大分県日田市、津久見市などを..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      牧田、西武とFA交渉へ
      将来的な米挑戦の希望も

      20171016000192

       西武の牧田和久投手(32)は16日、クライマックスシリーズ(CS)での敗退決定後に今季..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      芸術の秋、京都の寺院で現代アート触れて 泉涌寺で作品展

      20171017000024

       歴史ある寺院で現代の日本画や立体作品などを展示する「観◯光(かんひかり)ART EXP..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ブラックバスカレー開発 滋賀の大学生、駆除に一役

      20171016000099

       長浜バイオ大(滋賀県長浜市田村町)の学生サークルが琵琶湖の外来魚ブラックバスを使ったカ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発30キロ圏、不安相次ぐ 説明会に住民「不十分」

      20171015000026

       関西電力が来年1月中旬以降の3、4号機再稼働を目指す大飯原発(福井県おおい町)に関する..... [ 記事へ ]

      国際

      NY連続爆発で有罪評決
      アフガン出身被告

      20171017000009

       【ニューヨーク共同】昨年9月に米ニューヨーク中心部などで起きた連続爆発事件で、ニューヨ..... [ 記事へ ]