出版案内
福祉事業団

インフル判定、3検体で最短1分半 アークレイが新機器発売

3検体同時に早期判定が可能な診断システム
3検体同時に早期判定が可能な診断システム

 臨床検査用機器のアークレイ(京都市中京区)は、インフルエンザウイルスなどを最短1分半で3検体まで同時判定できるウイルス感染症診断機器を発売した。インフルエンザの流行期に求められる迅速な判定が可能として、初年度に千台の販売を見込む。

 従来機種は、判定時間が1分半でも1検体のみか、複数検体を同時に計れても判定に15分間必要だった。新機種は3検体を同時に処理。自動化を取り入れたことで目視判定や時間管理を不要にした。

 インフルエンザウイルスは、発症後12時間以上経過してウイルス量が増えてから検査しないと、判別が難しいとされる。新機種は検知感度を高め、ウイルス量の少ない12時間以内でも判定可能にした。税別で1台88万円。

【 2017年10月01日 22時30分 】

ニュース写真

  • 3検体同時に早期判定が可能な診断システム
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、酒井高はフル出場
      ハンブルガーSV0―1で敗れる

      20171022000018

       【ハンブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      チェコ、富豪の中道右派が第1党
      不正疑惑で連立協議難航も

      20171022000020

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、開票が終了、統計局によると現政権の連..... [ 記事へ ]