出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

一味違うチタン製、セラミック焙煎機を独自開発 京都

ウェルドワンが開発したセラミック焙煎機。本体は熱に強く殺菌効果が高いチタンでできている(京都府与謝野町明石)
ウェルドワンが開発したセラミック焙煎機。本体は熱に強く殺菌効果が高いチタンでできている(京都府与謝野町明石)

 京都府与謝野町の金属加工会社が、コーヒー豆をセラミックの遠赤外線で加熱する焙煎(ばいせん)機を独自開発した。本体には熱やさびに強く殺菌効果もあるとされるチタンを採用し、同社は「セラミックのチタン製焙煎機は他に聞いたことはない。焙煎した豆の仕上がりが他とは違うことを多くの人に知ってもらいたい」としている。

 自転車部品などを製造している「WELD ONE(ウェルドワン)」(同町明石)代表の小西栄二さん(50)が、2015年に知人から焙煎機の製造を依頼されたことを機に独自技術でチタン製焙煎機を開発。同時に自社ブランド「京都YOSANO ROASTER」を立ち上げた。

 今回開発した焙煎機は従来のチタンドラムを改良し、炭火と同等の赤外線量があるセラミックの遠赤外線で豆を煎(い)る。ドラム内は豆が前後左右に回転する仕組みで、豆の芯から均一にローストする。雑味が少なく豆本来の香りが際立つ焙煎を可能にした。また、舞鶴市のポリテクカレッジ京都(京都職業能力開発短期大学校)との共同研究で焙煎量や時間などをあらかじめ設定できるシステムを導入。本体付属のタッチパネルで誰でも簡単に操作ができるようにした。

 本体は高さ75センチ、幅50センチ、奥行きが80センチで、販売価格はタッチパネル付きで1台165万円(税別)。9月に東京都で開催された国内外のコーヒー関連企業や豆の生産者などが集まる展示会でも好評だったという。小西さんは「開発は難しく大変なことも多かったが、京都の小さなメーカーでもオリジナル性のあるものづくりに取り組んでいることを全国に向けて発信していきたい」と力を込める。

【 2017年10月09日 22時10分 】

ニュース写真

  • ウェルドワンが開発したセラミック焙煎機。本体は熱に強く殺菌効果が高いチタンでできている(京都府与謝野町明石)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市議選告示、29人立候補

      20180715000117

       任期満了に伴う滋賀県長浜市議選が15日告示され、定数26に対して29人が立候補した。2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ、野村敏京32位
      ティダパは初優勝

      20180716000023

       米女子ゴルフのマラソン・クラシックは15日、オハイオ州シルバニアのハイランドメドーズG..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地震被災の街に活気 京都・八幡で「太鼓まつり」

      20180716000022

       京都府八幡市の夏の風物詩として親しまれている高良神社の「やわた太鼓まつり」のクライマッ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・西山のチョウ標本寄贈 地元男性、オオムラサキなど49匹

      20180714000050

       西山の麓に位置する西代里山公園(京都府長岡京市奥海印寺)の管理棟に、地元の男性がこのほ..... [ 記事へ ]

      国際

      北朝鮮の卓球選手団が韓国入り
      合同チーム結成へ

      20180715000094

       【大田共同】韓国中部・大田で開催される卓球のワールドツアーの韓国オープンに参加する北朝..... [ 記事へ ]