出版案内
福祉事業団

「風神雷神」伝統織で 西陣呼称550年、京都で展示

7年がかりで織り上げた爪掻本綴織の風神雷神図+(京都市上京区・西陣織会館)
7年がかりで織り上げた爪掻本綴織の風神雷神図+(京都市上京区・西陣織会館)

 江戸初期の絵師俵屋宗達の描いた国宝「風神雷神図屏風(びょうぶ)」を伝統的な綴織(つづれおり)技法で再現した西陣織が、京都市上京区の西陣織会館で公開されている。伝統工芸士4人が7年間かけて織り上げた労作で、西陣の呼称発祥550年を記念し、12日まで展示する。

 西陣織の文化や技術を発信しようと、西陣織工業組合が2007年に制作を始め、14年に完成し、翌年お披露目した。今回は表装を施した上で再公開した。

 作品は、縦1・5メートル、横1・7メートルの綴織2枚からなる。純金糸を含めて400色以上の生糸を用い、くし形に削った爪先で横糸をかき寄せて織り込む「爪掻本綴(つめかきほんつづ)れ技法」で仕上げた。

 同技法は織物の神髄といわれ、1日5ミリ程度しか織れないという。制作者の1人である中尾友美さん(44)は「何色もの糸で髪を表現して表情を際立たせたり、雲の立体感をぼかしで出したりして、西陣織ならではの表現ができた」と話している。入場無料。

 また、同会館では7日まで、東京五輪に参加予定の21カ国の伝統や文化などをモチーフに、日本各地の産地が友禅や手織りなどで表現した着物と帯を展示。12日午後3時から開く「イマジン・ワンワールド きものショー」でも披露する。無料。申し込みは同会館075(451)9231へ。

【 2017年11月06日 23時49分 】

ニュース写真

  • 7年がかりで織り上げた爪掻本綴織の風神雷神図+(京都市上京区・西陣織会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]