出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

3宿泊施設、相次ぎ開業へ 京都、三条両駅周辺

京阪グループがJR京都駅前に建てるホテル「ザ・サウザンドキョウト」の完成イメージ図
京阪グループがJR京都駅前に建てるホテル「ザ・サウザンドキョウト」の完成イメージ図

 京阪ホールディングス(HD)は7日、JR京都駅(京都市下京区)と京阪電気鉄道三条駅(東山区)の周辺で新たに宿泊施設3棟を開業する計画を発表した。価格帯や業態の幅も広げて京都でのホテル事業を多角化し、訪日外国人を中心に広がる多様な宿泊需要の取り込みを狙う。

 京都駅周辺では、京阪グループの京都センチュリーホテル(下京区)に隣接する旧京都第2タワーホテル跡地に、レストランや婚礼施設などを備えたグループの旗艦ホテル「ザ・サウザンドキョウト」を2019年1月に開業する。

 地上9階地下1階で客室は222室。宿泊料は1室平均2万円台後半を想定する。センチュリーホテルの宴会場も改装して新ホテルの併設施設に組み替える。一連の投資額は計174億円を見込む。

 また、駅南側の南区東九条では宿泊主体型の「ホテル京阪京都八条口(仮称)」を18年秋にオープンさせる。5階建てで234室。修学旅行にも対応し、大型バスの駐車場も設ける。

 京阪HDは京都駅周辺の既存ホテル4棟も近年相次いで改装し、一部は料金を引き上げるなど高級化を進めている。「京都駅前の宿泊需要は特に強い」(加藤好文社長)といい、幅広いホテルブランドの展開でビジネス客も含む多様なニーズに対応する。

 一方、三条駅南側では所有する3階建てビルを改装し、カフェとホテルの機能を融合させた新業態の施設「カフェテル(仮称)」を18年春に開業する。全21室が女性専用で、相部屋の利用にも対応。ITに親しみ、交流や体験を重視する20~30代の「ミレニアル世代」がターゲットだ。

 宿泊料は1泊4千円台と安く設定し、「少人数の女子旅の需要を取り込む」(稲地利彦取締役)という。

【 2017年11月07日 22時40分 】

ニュース写真

  • 京阪グループがJR京都駅前に建てるホテル「ザ・サウザンドキョウト」の完成イメージ図
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      京都の民家全焼、住人搬送 隣接マンションの壁焼ける

      20180718000205

       18日午後8時50分ごろ、京都市上京区一条通浄福寺東入ルの民家から出火、木造2階建て延..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ2―6楽(18日)
      松井が今季初勝利

      20180718000196

       楽天が今季2度目の同一カード3連戦3連勝を飾った。2―2の八回に藤田の押し出し四球、ペ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      炎天下、鉾の骨組み壮麗 祇園祭・後祭山鉾建て

      20180718000170

       祇園祭の後祭(あとまつり)巡行(24日)に向けて、京都市中心部で18日、山鉾建てが始ま..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]

      国際

      インドでビル倒壊5人死亡
      ニューデリー近郊

      20180718000204

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリー近郊で17日夜、ビル2棟が倒壊し、救助当局..... [ 記事へ ]