出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

仕事場共有「コワーキングスペース」 京都で広がり

業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)
業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)

 さまざまな会社や職種の人たちが仕事場を共有する「コワーキングスペース」が、注目されている。会社とはひと味違う居心地の良さや設備の充実に加え、他業種の人と交流する機会もあるなど、魅力は幅広い。京都でも特色ある施設が相次いで開設され、広がりを見せる。

 10月、京都市中京区の烏丸通沿いにコワーキングスペースを備えた「The World Lounge Co&Co」がオープンした。札幌市に続く2店目で、約500平方メートルのフロアにコンセント付きの長机やソファのほか、書店やカフェを備え、くつろげる空間が広がる。語学教室や日本語学校を併設しているのも大きな特徴だ。1日の利用料は1080円、月額で5918円。

 コワーキングスペースは起業家や個人事業者が使うイメージが強いが、社外で仕事をしたい会社員や資格試験に臨む主婦の利用も多いという。運営会社の藤田大次郎取締役は「京都は外国人のビジネスマンも多く、利用者同士の輪が広がっている」と語る。

 今年7月に開業した中京区のカプセルホテル「ザ・ミレニアルズ」(客室数152室)は、ロビーにコワーキングスペースとして机やソファ約90席を設けた。宿泊者だけでなく一般の利用も可能(有料)で、月平均250人以上が訪れるという。

 ほかにも、3Dプリンターやレーザーカッターが設置され、デスクワークに加えてものづくり作業もできる「マテリアル京都」(下京区)や、ワコールが運営する「スタディホール」(南区)など、市内に現在十数件があり、今後もさらに広がっていきそうだ。

【 2017年11月25日 19時30分 】

ニュース写真

  • 業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      前田は3回2/3を3失点
      カブス戦

      20180620000023

       ▽カブス―ドジャース(19日・シカゴ) ドジャースの前田は先発して3回2/3を5安打3失..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]

      国際

      米、国連人権理からの離脱表明
      イスラエル偏見と批判

      20180620000005

       【ワシントン共同】ヘイリー米国連大使は19日、国連人権理事会(理事国47カ国)について..... [ 記事へ ]