出版案内
福祉事業団

仕事場共有「コワーキングスペース」 京都で広がり

業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)
業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)

 さまざまな会社や職種の人たちが仕事場を共有する「コワーキングスペース」が、注目されている。会社とはひと味違う居心地の良さや設備の充実に加え、他業種の人と交流する機会もあるなど、魅力は幅広い。京都でも特色ある施設が相次いで開設され、広がりを見せる。

 10月、京都市中京区の烏丸通沿いにコワーキングスペースを備えた「The World Lounge Co&Co」がオープンした。札幌市に続く2店目で、約500平方メートルのフロアにコンセント付きの長机やソファのほか、書店やカフェを備え、くつろげる空間が広がる。語学教室や日本語学校を併設しているのも大きな特徴だ。1日の利用料は1080円、月額で5918円。

 コワーキングスペースは起業家や個人事業者が使うイメージが強いが、社外で仕事をしたい会社員や資格試験に臨む主婦の利用も多いという。運営会社の藤田大次郎取締役は「京都は外国人のビジネスマンも多く、利用者同士の輪が広がっている」と語る。

 今年7月に開業した中京区のカプセルホテル「ザ・ミレニアルズ」(客室数152室)は、ロビーにコワーキングスペースとして机やソファ約90席を設けた。宿泊者だけでなく一般の利用も可能(有料)で、月平均250人以上が訪れるという。

 ほかにも、3Dプリンターやレーザーカッターが設置され、デスクワークに加えてものづくり作業もできる「マテリアル京都」(下京区)や、ワコールが運営する「スタディホール」(南区)など、市内に現在十数件があり、今後もさらに広がっていきそうだ。

【 2017年11月25日 19時30分 】

ニュース写真

  • 業種や会社が異なる人たちが集まり、仕事をするコワーキングスペース。人的交流にもつながっている(京都市中京区・Co&Co)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      観光バス横転けが人複数、北海道
      韓国人観光客らが乗車

      20171217000105

       17日午後4時40分ごろ、北海道上富良野町の道道で、大型観光バスが横転したと男性運転手..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      桂が史上初4連覇 全国中学駅伝女子

      20171217000100

       第25回全国中学駅伝が17日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園で行われ、女子(5区間12..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      イラン元大統領から放射性物質?
      1月死去、体内から検出か

      20171217000103

       【テヘラン共同】今年1月に心臓発作のため死去したイランの穏健派ラフサンジャニ元大統領=..... [ 記事へ ]