出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

草履+足袋=キツネ、和装楽しんで 京都、学生ら共同開発

黒い念珠がキツネの目になる
黒い念珠がキツネの目になる

 組み合わせて履くとキツネの顔に見える女性用の草履と足袋を、同志社大の学生や京念珠の製造業者、和装卸が共同開発した。観光客がよく利用するレンタル着物業者に販売する予定で、メンバーは写真共有アプリ「インスタグラム」を通じて人気が広がることを期待している。

 同大商学部の高橋広行准教授(マーケティング)のゼミに所属する3年小森凉太さん(21)=守山市=ら学生4人が、京念珠の新しい用途として考案。京念珠製造販売の中野伊助(京都市下京区)や和装卸の近江屋(同)と商品化した。

 商品名は英語でお守りを意味する「アミュレット」。草履の鼻緒の両側に、念珠に使う直径7ミリの黒オニキスをあしらった。キツネの耳やひげなどを描いた足袋と合わせて履くと、念珠が目のように見える仕掛け。写真共有アプリ「インスタグラム」で画像が映えるよう工夫した。

 小森さんは「京念珠が観光客の旅を守るという意味に加え、京都らしく、新しく、かわいいものを意識した」と狙いを語る。中野伊助の中野恵介社長(55)は「最初は足元に念珠を使うのに抵抗があったが、学生の提案を見てイメージが変わった」と振り返り、近江屋の商品開発担当の大城研志郎さん(28)も「足袋と草履が一緒になって顔が完成する商品は見たことがない」と胸を張る。

 好評だった場合、ネコなどのほかの動物でも作りたいという。問い合わせは近江屋075(341)4181。

【 2017年12月07日 12時20分 】

ニュース写真

  • 黒い念珠がキツネの目になる
  • キツネの顔になる草履と足袋のセットをPRする同志社大の学生たち(京都市下京区・近江屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      35度以上で主催イベント中止検討 大津市が熱中症予防会議

      20180717000191

       連日の酷暑を受け、大津市は17日、熱中症予防のための庁内会議を開き、気温が35度以上に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、南北チームが勝利
      北朝鮮選手に大声援

      20180717000196

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まった..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿集結「ホイット」響く 祇園祭・神幸祭

      20180717000205

       祇園祭の神幸祭が17日夜、京都市中心部で行われた。東山区の八坂神社前に3基の神輿(みこ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      魚の表皮に「車輪」のような細胞
      傷修復へ高速移動

      20180717000139

       魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結..... [ 記事へ ]

      国際

      オバマ氏、マンデラ氏しのび講演
      恐怖や恨みの政治に危機感

      20180717000106

       【ヨハネスブルク共同】オバマ前米大統領は17日、南アフリカ最大都市ヨハネスブルクで講演..... [ 記事へ ]