出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「日銀緩和見直しを」6割 京都・滋賀の主要企業アンケート

アンケート結果
アンケート結果

 今年4月で5年を迎える日銀の大規模な金融緩和策について、京都、滋賀に本社を置く主要企業の6割が見直すべきと考えていることが、京都新聞社の実施したアンケートで分かった。日銀が目標達成時期を6回にわたり先送りした物価上昇率2%の実現についても「難しい」が過半数を占め、現在の金融政策に厳しい見方が広がっていることが浮き彫りになった。

 マイナス金利や長期金利の操作を中心とした日銀の金融政策に対し、今後の在り方を問うた。回答で最も多かったのは「緩和は必要だが、手法見直しを」で34・5%。続いて「マイナス金利の見直しなど緩和縮小を考えるべき」も27・6%に上り、何らかの政策変更が必要とする回答が合わせて62・1%に達した。

 「現政策を継続」は16・1%にとどまり、「さらに強力な緩和政策が必要」はゼロだった。「わからない」は21・8%だった。

 2019年度ごろの実現を目指す2%の物価上昇率が現行の政策で達成できるかどうか尋ねた設問でも、「十分に可能」は2・2%にとどまり、「難しい」が55・1%で最多を占めた。「目標自体が適切でない」は6・7%。「わからない」は36・0%だった。

 今年の景気見通しについては、回答企業の8割が戦後2番目の景気拡大を記録した昨年のペースで持続すると予想。理由(複数回答)は「世界経済の好調」が一番多く、「雇用の安定や賃金上昇」、「株価の上昇」と続いた。

 一方で、自社業況における景気拡大の実感については「実感していない」が36・3%で、「している」の34・1%をわずかに上回った。「どちらでもない」も29・7%に上るなど、業種や規模によって回答にばらつきが見られた。

 アンケートは昨年12月、京滋の上場・中堅企業116社に対して行い、91社から回答を得た。

■服部茂幸・同志社大教授(経済政策学)の話

 物価上昇率2%の達成を「難しい」とする回答が過半数となったのは妥当な結果。日銀による目標達成時期の度重なる先送りを見て、達成は無理という風潮が企業にも漂っている。手法の見直しや緩和縮小を求める声が多いのは、政策へのある種の「諦め」として現れているのではないか。金融緩和をすれば物価が上がるという考え方が間違いであり、物価を決める中心は賃金コストにある。デフレ脱却のためには、労働生産性の上昇以上の賃上げが必要だ。

【 2018年01月04日 06時00分 】

ニュース写真

  • アンケート結果
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      傷は肺到達か、千葉の会社員刺傷
      通り魔疑いで特別捜査班設置

      20180421000044

       千葉県流山市の路上で同市の会社員原敏昭さん(58)が刃物のようなもので背中付近を刺され..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤ5―6D(21日)
      DeNA筒香が勝ち越しソロ

      20180421000126

       DeNAが逆転勝ちで首位に浮上した。4―5の九回に代打中川大の二塁打で追いつき、延長十..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      主題歌も京都発バンド 「リズと青い鳥」声優に本田望結も

      20180421000026

       京都アニメーション(京都府宇治市、通称京アニ)の新作映画「リズと青い鳥」が21日から全..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]