出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「日銀緩和見直しを」6割 京都・滋賀の主要企業アンケート

アンケート結果
アンケート結果

 今年4月で5年を迎える日銀の大規模な金融緩和策について、京都、滋賀に本社を置く主要企業の6割が見直すべきと考えていることが、京都新聞社の実施したアンケートで分かった。日銀が目標達成時期を6回にわたり先送りした物価上昇率2%の実現についても「難しい」が過半数を占め、現在の金融政策に厳しい見方が広がっていることが浮き彫りになった。

 マイナス金利や長期金利の操作を中心とした日銀の金融政策に対し、今後の在り方を問うた。回答で最も多かったのは「緩和は必要だが、手法見直しを」で34・5%。続いて「マイナス金利の見直しなど緩和縮小を考えるべき」も27・6%に上り、何らかの政策変更が必要とする回答が合わせて62・1%に達した。

 「現政策を継続」は16・1%にとどまり、「さらに強力な緩和政策が必要」はゼロだった。「わからない」は21・8%だった。

 2019年度ごろの実現を目指す2%の物価上昇率が現行の政策で達成できるかどうか尋ねた設問でも、「十分に可能」は2・2%にとどまり、「難しい」が55・1%で最多を占めた。「目標自体が適切でない」は6・7%。「わからない」は36・0%だった。

 今年の景気見通しについては、回答企業の8割が戦後2番目の景気拡大を記録した昨年のペースで持続すると予想。理由(複数回答)は「世界経済の好調」が一番多く、「雇用の安定や賃金上昇」、「株価の上昇」と続いた。

 一方で、自社業況における景気拡大の実感については「実感していない」が36・3%で、「している」の34・1%をわずかに上回った。「どちらでもない」も29・7%に上るなど、業種や規模によって回答にばらつきが見られた。

 アンケートは昨年12月、京滋の上場・中堅企業116社に対して行い、91社から回答を得た。

■服部茂幸・同志社大教授(経済政策学)の話

 物価上昇率2%の達成を「難しい」とする回答が過半数となったのは妥当な結果。日銀による目標達成時期の度重なる先送りを見て、達成は無理という風潮が企業にも漂っている。手法の見直しや緩和縮小を求める声が多いのは、政策へのある種の「諦め」として現れているのではないか。金融緩和をすれば物価が上がるという考え方が間違いであり、物価を決める中心は賃金コストにある。デフレ脱却のためには、労働生産性の上昇以上の賃上げが必要だ。

【 2018年01月04日 06時00分 】

ニュース写真

  • アンケート結果
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ8―7オ(20日)
      ロッテ、連敗4で止める

      20180720000214

       ロッテがサヨナラ勝ちで連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。7―7の延長十回1死満塁から..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      合成表紙でトランプーチン氏?
      米誌タイム、強烈な皮肉

      20180720000199

       【ニューヨーク共同】米誌タイムは20日までに、トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領..... [ 記事へ ]