出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

頬ふっくら、お多福面愛らしく 滋賀、富久豆作りピーク

お多福の面に表情や色彩を加えていく職人たち(滋賀県近江八幡市上田町・たねや近江八幡工場)
お多福の面に表情や色彩を加えていく職人たち(滋賀県近江八幡市上田町・たねや近江八幡工場)

 2月3日の節分の日を前に、お多福の面をかたどった菓子づくりが、滋賀県近江八幡市上田町にある製菓会社たねやの工場でピークを迎えている。

 同社は1986年から新春の風物詩として豆菓子とセットで販売するお多福面を製造している。面はふっくらとした頰と愛くるしい表情が特徴で、縦15・5センチ、横11・5センチ。

 昨年末までにヤマイモや滋賀県産のもち米粉、砂糖を混ぜて真っ白な面の型取りを終えた。現在は職人10人ほどが、はけと筆に食紅やイカスミを染み込ませて、髪や目、唇などを描き込んでいる。

 賞味期限は2カ月間。付属の紅白ひもを通して厄よけの壁飾りとしても使えるという。「富久豆(ふくまめ)」の商品名で、16日から県内外の店舗と通信販売で計5050セットを扱う。2160円。

【 2018年01月12日 11時45分 】

ニュース写真

  • お多福の面に表情や色彩を加えていく職人たち(滋賀県近江八幡市上田町・たねや近江八幡工場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      力士と相撲で中1男子けが 京都・舞鶴市長救命の春巡業

      20180423000082

       4日に京都府舞鶴市であった大相撲舞鶴場所で、力士が土俵上で子どもの相手をする「ちびっ子..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯ボランティアの募集開始
      ラグビー、約1万人

      20180423000083

       ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、約1万人の大会ボ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      メタセコイア並木、一斉に新緑 滋賀の観光名所

      20180423000071

       滋賀県高島市マキノ町の観光名所「メタセコイア並木」で、新緑が一斉に芽吹き、すっかり春の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓、米韓高官がソウルで協議
      南北は板門店で実務会談

      20180423000084

       【ソウル共同】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議で日韓の首席代表を務める金杉憲治・外務省アジ..... [ 記事へ ]