出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

山田社長「FA機器で攻めの1年」 オムロン

オムロンの山田義仁社長(京都市下京区・オムロン)=撮影・松村和彦
オムロンの山田義仁社長(京都市下京区・オムロン)=撮影・松村和彦

 2018年の経済が動き始めた。京都、滋賀を代表する企業トップは、景気や市場の先行きをどのように見通し、次の時代に向けて自社事業をどう伸ばすのか。オムロンの山田義仁社長に戦略とキーワードを聞いた。

 ■不採算なら収束、転換

 -工場用自動化(FA)機器の需要が広がり、業績も好調だ。

 「2017年は珍しく、どの地域も経済が良かった。今年は攻める1年にしたい。製造現場は人手不足が進み、採用できたとしても定着しない問題がある。熟練工が不足し、省力化や自動化しか手はない。そのニーズは国内外を問わず強い」

 -他社との連携や協力も積極化している。

 「何でも自社で時間をかけてやるのではなく、複数の企業が強みを持ち寄って価値をつくる時代だ。その輪の中に入るためユニークな存在であり続け、開かれた関係性の中でイノベーション(技術革新)を生み出したい」

 -収益構造改革で稼ぐ力が向上した。

 「長期経営計画が始まった11年度の売り上げ総利益率は36・8%だったが、17年9月時点で41・5%になり、4・7ポイント上昇した。利益率の高い事業を強化し、不採算の事業は撤退や売却を進めた。当社にはベンチャーのDNAがある。新技術で挑戦を続けるが、だめだった時は収束し、人材を配置転換する。これを繰り返さないと強い収益力は保てない」

 -売り上げ総利益率を重視する理由は。

 「売上高は顧客から必要とされている『物差し』だ。だが、売上高が増えても買いたたかれて利益が減るということであれば、製品やサービスに価値を見いだしてもらえていないことになる。一方で最終の利益を目標に置くと、研究開発投資や人件費の抑制につながりかねない」

 -好調の時は緩みが出やすい。

 「創業者は『大企業病』という言葉を発明したが、一人一人が会社を支える気概を持たないとすぐ大企業病に陥る。油断して変化対応を誤ると、会社が傾いてしまう時代。危機感は常に持っている」

 -人手不足の中で人材戦略の考え方は。

 「本年度は250人を中途採用し、今春入社予定の新卒者190人を上回った。変化が激しい時代にモノカルチャー(単一文化)の組織だと弱く、価値観や考え方が同じ人ばかりだと対応を誤る場合もあるためだ。20年までに(中途採用が)計1千人くらいになる。化学反応を起こし、組織を活性化させたい」

 -人材の獲得競争は激化している。

 「人事処遇制度を複線化し、多様な働き方ができるようにする。有能な人材の確保にはライフスタイルに合った働き方を選択できる環境が必要だ。特定の分野だけ関わりたいと考える人や兼業希望者も受け入れる。従来の雇用制度と合わせ、複数の仕組みを用意したい」

 ■キーワードは「変化創造」

 変化が激しい時代と言われて久しい。足元ではFA事業が伸び、いろんな提案ができる体制も整った。変化対応ではなく、人工知能(AI)やIoTなどの技術を競争力として取り込み、自ら変化をつくり出すことで価値の創造へとつなげたい。

【 2018年01月14日 18時54分 】

ニュース写真

  • オムロンの山田義仁社長(京都市下京区・オムロン)=撮影・松村和彦
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      愛媛知事が加計理事長批判
      記者会見「もっと早くやれた」

      20180619000126

       学校法人「加計学園」の岡山理科大獣医学部新設問題を巡り、加計孝太郎理事長が19日午前に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      東京タワーもサムライ応援
      青のライトアップ

      20180619000162

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表の活躍を願い、東京タワー(東京都..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旧古河庭園、完成100年目に
      日本庭園は七代目小川治兵衛

      20180619000123

       大正の洋館と和洋の庭が調和する国の名勝、旧古河庭園(東京都北区)は今年、完成から100..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]

      国際

      客船沈没で1人死亡、94人不明
      インドネシアの湖で

      20180619000153

       【ジャカルタ共同】インドネシア・スマトラ島北部北スマトラ州の観光地トバ湖で18日に客船..... [ 記事へ ]