出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

堀場会長「EV普及でも商機十分」 堀場製

堀場厚会長(大津市・堀場製作所びわこ工場)
堀場厚会長(大津市・堀場製作所びわこ工場)

 2018年の経済が動き始めた。京都、滋賀を代表する企業トップは、景気や市場の先行きをどのように見通し、次の時代に向けて自社事業をどう伸ばすのか。堀場製作所の堀場厚会長に戦略とキーワードを聞いた。

 ■幅広い研究開発に対応

 -世界で電気自動車(EV)の開発が加速している。主力の排ガス測定装置は需要が減らないか。

 「危機感よりも、商機拡大と感じている。将来は全てEVになると誤解する人が多いが、普及の割合は2割以下だろう。EV以外にハイブリッド車やプラグインハイブリッド車も普及する。これらはエンジンのデータとモーターを付けた時のデータを計測する必要があるため、自社の分析装置がより多く使われるようになる」

 -自動運転などの自動車業界の進化にどう対応するのか。

 「自動車事業のうち排ガス測定装置の売上高は現在3分の1程度。ほかはデータ処理や燃費測定装置、実験設備の受注などだ。電気回りやバッテリー、サイバー攻撃対策など、自動車メーカーが必要とする幅広い研究開発に対応していく」

 -半導体製造装置向けの製品も好調だ。

 「社会全体が情報処理技術で課題に対応する流れにあり、半導体は絶対的な需要がある。高いシェアがあるガス流量制御機器以外の分析機器にも力を入れていく」

 -今年からグループ経営を強化する。

 「社内では『スーパードリームチームを作る』と言っている。中国や台湾などでは自動車や半導体、環境などの各事業部が個別に営業していたが、今後は一体化して攻め入る。半導体分野に自動車の営業部隊が入るなどして競争力を高める」

 -1日付で足立正之社長が就任した。

 「近年は買収で海外子会社が増えた。私が全体を見て、最適な経営判断をする。ある子会社が業績が悪くても、グループとして重要なら投資を増やす。足立氏には技術開発全体を見てもらう」

 ■キーワードは「虎穴虎子」

 虎の子どもを得るには虎の巣穴に入るしかない。チャレンジしなければ何も得られない。リスクも危険もあるが、安全ばかりでは今の時代は生き残れない。業績が過去最高の今こそ、安住せずに挑戦したい。

【 2018年01月16日 16時00分 】

ニュース写真

  • 堀場厚会長(大津市・堀場製作所びわこ工場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      公開請求2カ月放置、廃棄後に「不存在」通知 京都のいじめ日誌

      20180524000030

       京都府福知山市の中学校がいじめに関して情報公開請求されていた学校日誌などを廃棄していた..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      近江神宮の「流鏑馬」深く学ぼう 6月講座、非公開神事参列も

      20180524000027

       近江神宮(大津市神宮町)で6月3日に催される「流鏑馬(やぶさめ)」をより深く学ぶ「やぶ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      伊、ポピュリズム政権発足へ
      法学者コンテ氏を新首相に指名

      20180524000008

       【ローマ共同】イタリアのマッタレッラ大統領は23日、3月の総選挙で躍進した新興組織「五..... [ 記事へ ]