出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

福島のベンチャー、がん治療器開発加速 故堀場雅夫氏ら出資

次世代がん治療器を試験するため、福島SiC応用技研が昨秋に完成させた新棟(福島県楢葉町)
次世代がん治療器を試験するため、福島SiC応用技研が昨秋に完成させた新棟(福島県楢葉町)

 堀場製作所を創業した故堀場雅夫氏が設立に携わり、ロームなどが出資した医療機器開発ベンチャーの福島SiC応用技研(福島県楢葉町)が、次世代がん治療装置の開発を加速させている。昨秋に試験用の新棟を同町に完成させ、人員も増強。2020年ごろの実用化を目指す。京都ゆかりのハイテク企業が、東日本大震災の被災地の産業復興に貢献しようとしている。

 同社は堀場氏らの出資で14年に設立された。堀場氏の「原子力災害被災地の復興を支援したい」との思いを受け、同町の工業団地で震災後に企業が撤退した跡地に進出した。

 開発を進めるのは中性子線を使った放射線がん治療装置(BNCT)。ホウ素をがん細胞に取り込ませ、中性子線を照射することでがん細胞を選択的に破壊できる。切開手術が不要のため患者負担が少ないのが利点だ。

 計画では、電力損失が少ない次世代半導体シリコンカーバイド(SiC、炭化ケイ素)をロームから調達し、他社のBNCTより大幅に小型化。価格を1台10億~15億円程度と他社の半額以下に抑える。中性子線の照射も1方向から10方向に増やし、体内深部まで治療できるようにする。

 昨秋には装置を試験する新棟が完成し、地元から約20人を採用。今年2月には経営安定化に向け、京都の金融機関などでつくる「京都市スタートアップ支援ファンド」などを引受先とした第三者割当増資で3億4千万円を調達した。

 BNCTの第1号機はロームが購入し、20年に専用施設とともに京都府立医科大(京都市上京区)に寄付。同大学で臨床試験(治験)を進める予定だ。国内での普及を目指す一方、米国や中国などの海外展開も視野に入れている。

 福島SiCの古久保雄二社長は「多くの病院に装置を広め、がんが治る患者を増やしたい。現地はまだ店舗なども少なく、地元雇用を通して避難住民の帰還に少しでも貢献できればいい」と話している。

【 2018年03月10日 19時00分 】

ニュース写真

  • 次世代がん治療器を試験するため、福島SiC応用技研が昨秋に完成させた新棟(福島県楢葉町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]