出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・滋賀の上場企業、7割増益 3月期、海外事業強化も

京滋の上場企業の経常利益
京滋の上場企業の経常利益

 京都、滋賀に本社を置く上場企業の2019年3月期の業績予想は、経常利益の増益を見込む企業が7割に上ることが京都新聞社の集計で分かった。18年3月期実績の5割超から拡大する。各社は、高度情報化を支える半導体や電子部品、人手不足を補う自動化機械などの需要が業績をけん引するとみている。国内の個人消費は大きな伸びが期待できないため、新たな収益源を模索する動きも出ている。

 3月期決算の50社のうち金融関連4社と18年3月期から決算期を変更した1社を除く45社を集計した。

 19年3月期の売上高は増収予想が95・6%(43社)を占め、減収予想は4・4%(2社)にとどまった。経常利益は73・3%(33社)が増益とし、減益は26・7%(12社)だった。

 京セラやオムロンなど電子部品や産業機器の大手は、半導体や自動化機械などの好調な需要は当面続くと見込む。ただ、人件費や原油、資材価格が高騰しており、利益の押し下げ要因となりそうだ。少子高齢化や消費の不振で国内需要は伸び悩むため、ワコールホールディングスが中国や欧米での下着販売に力を入れるなど、海外事業を強化する企業も増えている。

 18年3月期は、増収の企業が82・2%(37社)、減収は17・8%(8社)だった。任天堂は家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が好調で、7年ぶりに1兆円を超えた。売上高1兆円以上の企業は京セラや日本電産、村田製作所を合わせて4社となった。経常利益は増益が55・6%(25社)、減益が44・4%(20社)だった。

【 2018年05月17日 08時12分 】

ニュース写真

  • 京滋の上場企業の経常利益
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      高知で龍馬の思想や行動学ぶ学会
      研究者やファンら参加

      20180526000133

       坂本龍馬の思想や行動に学ぶ「現代龍馬学会」が26日、高知市で開かれ、特別講演した福井市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      関学―日大の定期戦中止「残念」
      日本アメフット協会会長

      20180526000149

       日本アメリカンフットボール協会の国吉誠会長は26日、東京都内で開いた理事会後に取材に応..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      光秀の周山城、全体像判明 織豊期の特徴示す、京都市測量

      20180526000093

       戦国武将の明智光秀が京都市右京区京北周山町に築いたとされる大規模な山城「周山城」の跡地..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      先端教育や朝鮮語習得に力 京都朝鮮初級学校、移転から5年

      20180526000088

       在日朝鮮人の児童らが通う「京都朝鮮初級学校」が京都市伏見区の現在地に移転し、新校舎が完..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      皇太子さま「緑と水、大切さ理解を」 滋賀でみどりの愛護式典

      20180526000058

       第29回全国「みどりの愛護」のつどいの式典が26日午前、滋賀県長浜市田村町の長浜バイオ..... [ 記事へ ]

      国際

      米ハリウッドの大物訴追
      女性暴行容疑で捜査当局

      20180525000202

       【ニューヨーク共同】米捜査当局は25日、女性2人に対する強姦や性的虐待などの容疑で、ハ..... [ 記事へ ]