出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

イワガキが入ったタンクの前で、トスレックの中尾部長(右)と実験の経過を振り返る生徒たち=京都府宮津市上司・海洋高
イワガキが入ったタンクの前で、トスレックの中尾部長(右)と実験の経過を振り返る生徒たち=京都府宮津市上司・海洋高

 電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロウイルスを取り除く技術を開発した、と発表した。カキを提供するなど研究に協力した海洋高(京都府宮津市上司)で成果報告会を開き、主産地の広島県の漁業関係者らと共に、ウイルス除去の原理や実用化に向けた取り組みを確認した。

 研究は、同社や同高、専門家らでつくる研究グループが昨年4月から始めた。直径1ミクロン未満(ミクロンはミリの1000分の1)の微細な気泡「ウルトラファインバブル」を、均一に発生させる同社独自の装置を活用した。マイナスの電荷を持つ気泡がカキの内部に入り込み、プラスの電荷を持つウイルスに吸着させ、カキの体外に排出させる仕組み。

 実験は、ノロウイルスと構造や大きさが近い代替ウイルスを感染させた広島県産のマガキと生徒が育てた岩ガキを使った。マガキでウイルスを99・96%、岩ガキで99・92%取り除くことに成功。いずれも従来の紫外線を使った方法よりも多く除去できた。東北大の高橋計介准教授は「ウイルスをほぼ浄化できる可能性が示された」と話す。

 報告会では、校舎内の実験スペースで、同社の中尾順次研究開発部長が研究メンバーや生徒らにウイルス浄化の工程を説明した。広島県漁業協同組合連合会の渡辺雄蔵専務理事は「このシステムでカキの安全性を確保し、消費拡大につなげたい」と期待。同高3年西野海杜さん(17)は「最先端の研究に関わることができ大きな財産になった」と話した。

 今後は広島県でカキ生産者らと研究を本格化させ、装置の商品化を目指す。

【 2018年05月25日 22時02分 】

ニュース写真

  • イワガキが入ったタンクの前で、トスレックの中尾部長(右)と実験の経過を振り返る生徒たち=京都府宮津市上司・海洋高
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      野田聖子氏、女性政策アピール
      「ポスト安倍」へ動き活発

      20180625000178

       9月の自民党総裁選を巡り、「ポスト安倍」候補の動きが25日、活発化した。野田聖子総務相..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子テニス、奈良は1回戦敗退
      ネイチャーバレー国際

      20180625000182

       テニスのネイチャーバレー国際は25日、英国のイーストボーンで行われ、女子シングルス1回..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真夏の暑さ、茅の輪くぐり息災願う 京都・北野天満宮

      20180625000102

       本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      3500人分ゲノム公開、東北大
      病気の原因究明へ

      20180625000191

       東北大などは25日、健康な人約3500人分のゲノム(全遺伝情報)を解読し、日本人の標準..... [ 記事へ ]

      国際

      ニュージーランド女性相も産休へ
      首相に続き最長3カ月

      20180625000193

       【ブリスベン共同】ニュージーランド政府は25日、ジェンター女性相(38)が8月6日に出..... [ 記事へ ]