出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ミニチュア浴衣で滋賀の3織物PR 県内10カ所で展示

見て、触って楽しめる県産織物のミニチュア浴衣(大津市浜町・滋賀銀行本店)
見て、触って楽しめる県産織物のミニチュア浴衣(大津市浜町・滋賀銀行本店)

 滋賀県産織物を知ってもらおうと、県内三つの産地の織物で作ったミニチュア浴衣の展示がこのほど、滋賀銀行の店舗や各地の市役所など10カ所で始まった。「しぼ」と呼ばれる凹凸の手触りや、目にも涼しげなデザインが人々を楽しませている。

 長浜市の県東北部工業技術センターが作った。長浜市の絹織物「浜ちりめん」、東近江市周辺の麻織物「近江ちぢみ」、高島市の綿織物「高島ちぢみ」は、いずれも緯(よこ)糸に強いよりをかけるなどした「しぼ」により、肌に密着しないさらりとした触感が特徴。絹、麻、綿と、天然繊維の織物産地が三つそろう県は全国でも滋賀だけといい、同センターの山中仁敏所長は「琵琶湖に近い多湿な気候と、一大消費地の京都に近いから」と説明する。

 ミニチュア浴衣は高さ約35センチ。各産地から2種類、計6種類の生地に、長浜盆梅や清流のバイカモ、ビワマスやハスなどの琵琶湖八珍をモチーフにした柄をプリントした。帆布の中でも柔らかい「高島帆布」を帯に使った。

 同センター職員の岡田倫子さん(36)は「長浜の絹織物は奈良時代の資料があり、麻は室町、綿は江戸時代から続く。歴史はとても古い割に、知名度は低い。来年は実寸大も作って着心地の良さもPRしたい」と話す。

 展示は20日まで。滋賀銀行の協力を得て、本店(大津市)と長浜、能登川、新旭、東京の各支店のほか、長浜、東近江、高島の各市役所と大津市の県庁でも展示される。

【 2018年07月08日 21時20分 】

ニュース写真

  • 見て、触って楽しめる県産織物のミニチュア浴衣(大津市浜町・滋賀銀行本店)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      テン選手刺殺で男2人拘束
      カザフ、容疑認める

      20180720000161

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テ..... [ 記事へ ]