出版案内
福祉事業団
47NEWS

プロ作家に文章表現学ぶ 大谷大、津村記久子さんら講師に

創作について学生に語る津村記久子さん(左)=京都市北区・大谷大
創作について学生に語る津村記久子さん(左)=京都市北区・大谷大

 大谷大(京都市北区)は今春から、プロの作家から文章表現について学ぶ「文藝塾講義」を開講した。6月に講師を務めた卒業生の芥川賞作家・津村記久子さんは、創作のスタンスとして「基本、心にもないことは書かない」と話し、着想の秘訣(ひけつ)などを伝授した。

 授業は、学生からの質問に答える形で進められた。登場人物の細かなしぐさや、何げない情景を印象的につづる作風について、津村さんは「人間観察というと大げさだけど、目に入ってくる人々の行動をメモしておくことは役立ちます」と明かした。

 例えば、とても混んでいる喫茶店で、店員に質問攻撃を繰り返していた「寂しそうな女性」は「身なりまで覚えておく」し、「自分のシャツが高いと自慢する若い男性が、ファンタグレープをこぼして紫のシミをつくって騒ぎ出したこと」は「狼狽(ろうばい)し過ぎていて、印象的だった」と記憶しておくという。

 では、そうした実体験がどのように小説になるのか。津村さんは「ある主題について、歩いたり、料理したり、お風呂に入りながら、どういう書き方があるかをひたすら考える。すると、ふと『これはいける』と思える瞬間がやってくる」と語り、「好きと嫌いの中間、ニュートラルだけれど心が動かされた出来事を記録し、『部品』として小説に使うとよいのでは」と具体的な手法もアドバイスした。

 ほかにも、編集者とのやりとりの実態や、登場人物にカタカナを使う意図など、参加した学生たちは熱心に質問していた。文藝塾は1~4年生の約20人が受講し、今後は白岩玄さんやリリー・フランキーさんらを講師に迎える予定。

【 2015年07月15日 17時17分 】

ニュース写真

  • 創作について学生に語る津村記久子さん(左)=京都市北区・大谷大
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      野党、1人区一本化完了
      佐賀選挙区で共産取り下げ

      20160531000163

       共産党佐賀県委員会は31日、参院選佐賀選挙区(改選数1)に擁立した新人の上村泰稔氏(5..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ5―2中(31日)
      ソフトB、逆転で8連勝

      20160531000164

       ソフトバンクが逆転勝ちで今季3度目の8連勝。1―2の八回2死一、三塁から3者連続適時打..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ、生産を一部休止
      最大9工場、爆発事故影響で

      20160531000132

       トヨタ自動車は31日、同社の高岡工場(愛知県豊田市)などグループの国内4工場で、一部の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ハラール弁当味わおう 京都のインド料理店、三条京阪駅で販売

      20160531000076

       イスラム教の戒律にのっとって「ハラール」の認証を受けた食材で作った料理のおいしさを多く..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      娘の縫いぐるみ宇宙で活用
      大西さん、無重力確認に

      20160531000143

       【モスクワ共同】6月にロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう予定の宇宙飛..... [ 記事へ ]

      国際

      ロ外相、北方領土「返さない」
      首脳間交渉をけん制か

      20160531000169

       【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は31日、日ロ間の最大の懸案である北方領土問題に関..... [ 記事へ ]