出版案内
福祉事業団
47NEWS

小学校から選挙教育 18歳選挙権で京都市長方針

 来年夏の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのに伴い、門川大作京都市長は1日の市議会代表質問で、市立の小学校から高校まで、選挙教育を導入する考えを明らかにした。来年度から各学年に合わせ、身近な地域課題をテーマに模擬投票などを実施する方針で、若者の政治離れを防ぐ。

 高校には文部科学省と総務省が副教材を作成し、教育内容の基準を示したが、小中学校向けには示されていない。門川市長は「若者の投票率向上に向け、あらゆる取り組みを推進する」と述べ、小学校から高校まで一貫した選挙教育を行っていく方針を示した。

 市教委によると、現在の社会科では「生徒の政治活動は教育上、望ましくない」とする旧文部省通知の影響で、国会の役割など政治の仕組みを身に付けるのが中心で、時事問題を扱うケースは少なかった。これを大きく転換し、生活に密着した地域の課題について調べ、解決策を提案する力を育む。

 具体的には「給食を全て和食にすべきか」などを争点に模擬投票を行ったり、学校周辺の危険マップを作って安全確保策を練り上げ、実現するために「請願」を模擬的に体験したり、首長や議会の役割を身近な問題の解決と関連づけて学んだりする。「政治との距離を縮める」(市教委)のが狙いで、市独自の副教材作成も検討する。

 ただ小中学生は高校生に比べ、教員の意見に影響されやすく、題材を選ぶ際は、政治的な公正性確保に慎重を期す必要があるため、市教委学校指導課は「模擬投票のテーマなどでどう公平公正を保つのか。熟慮していきたい」としている。

【 2015年10月01日 23時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      JR東、ゴールドの寝台列車披露
      トランスイート四季島

      20160824000031

       JR東日本は24日、来年5月から運行する豪華寝台列車「トランスイート四季島」(10両編..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      立命大、連覇へ戦力充実 関西学生アメフット

      20160824000027

       関西学生アメリカンフットボール連盟は23日、今季の日程を発表した。26日に昨季学生日本..... [ 記事へ ]

      経済

      JR大津駅、「ビエラ大津」に 10月1日開業

      20160823000145

       再整備を進めていたJR大津駅(大津市春日町)が商業施設「ビエラ大津」に生まれ変わり、1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日ロ交流、25周年の響き  京都で9月、交歓コンサート

      20160824000028

       国際音楽交流協会が主催する入場無料の「日露交歓コンサート」が、今秋25周年を迎える。ロ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      連続台風「寒冷渦」に起因か
      上陸数、平年超える

      20160823000100

       8月は台風が平年を上回るペースで発生し、相次いで日本列島に上陸している。気象庁の統計に..... [ 記事へ ]

      国際

      治療目的で隣国スーダンに滞在
      元反政府トップ

      20160824000011

       【ナイロビ共同】南スーダンの元反政府勢力トップのマシャール前副大統領が治療目的で隣国ス..... [ 記事へ ]