出版案内
福祉事業団
47NEWS

ロボカップで念願の世界一 京都・宇治と左京の高校生ペア

「ロボカップジュニア世界大会」の賞状を手に、次の世界大会への抱負を語る浅見君(左)とユング君(京都市左京区)
「ロボカップジュニア世界大会」の賞状を手に、次の世界大会への抱負を語る浅見君(左)とユング君(京都市左京区)

 京都の高校生2人がこのほど、ロボットのプログラミング技術や正確な走行を競う「ロボカップジュニア世界大会」で優勝を果たした。昨年は世界2位に輝いた実力チームで挑む最後の大会で念願の頂点をつかんだ。他のロボット競技の世界大会出場も決まり、「悔いの残らないよう全力を出し切りたい」と意気込んでいる。

 大阪インターナショナルスクールに通うユング開君(16)=宇治市=と、立命館高1年の浅見幸悠紀君(17)=京都市左京区。「robotics(ロボティクス)X」というチームで理科の実験教室「育星舎 科学の学校」出町教室(同区)を拠点に活動する。互いに小学生のころからロボット製作を始め、昨年の世界大会では惜しくも2位だった。

 ロボカップジュニアは19歳以下の学生が対象でレスキューとサッカー、ダンスの3部門がある。2人は、災害で人が入れない場所を想定したコースを自立型ロボットで進むレスキュー部門に参加。3月の国内大会で優勝し、昨年に続き世界大会に出場した。

 7月に中国で開かれた世界大会には、欧州や南米の約30チームが出場。例年より大幅に伸びたコースには、障害物の回避に加えコース上に転がるボールを見つけ、ゴールに入れるという難易度の高い課題が出された。

 2人は国内大会後から合宿を重ね、複雑なコースに対応できるプログラミングを施した新たなロボットを製作。当日は8コースを走行し得点を競った。2人はほとんどのコースを正確に走行し、高得点につながるボールをゴールに次々に決めた。結果、2位のクロアチアチームに大差を付けて優勝した。

 9月はルールが異なるロボット競技大会「World Robot Olympiad」の国内大会でも優勝し、11月の世界大会に進む。2年前に世界2位になった競技で、ユング君は「最後の大会になると思うので雪辱を果たしたい」と話し、浅見君は「悔いの残らないよう力を出し、他のチームに差を付けて勝ちたい」と準備を進めている。

【 2015年10月07日 11時30分 】

ニュース写真

  • 「ロボカップジュニア世界大会」の賞状を手に、次の世界大会への抱負を語る浅見君(左)とユング君(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      6人全員を原爆症認定、東京地裁
      「例外許される」

      20160629000096

       広島や長崎で被爆し、東京都内に住む78~84歳の男女5人と、2013年に死亡した男性の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪、松山は「相当迷っている」
      相次ぐ辞退で丸山HC明かす

      20160629000127

       リオデジャネイロ五輪ゴルフ日本代表の丸山茂樹ヘッドコーチは29日、男子のトップ選手に辞..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自、7月1日に軽販売再開
      燃費不正で中止の2車種

      20160629000113

       三菱自動車は29日、燃費不正問題の影響で中止していた「eKワゴン」と「eKスペース」の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      放棄された土木工作物に価値を 京都で「造形遺産」展

      20160629000074

       未開通のまま放置されたトンネルや分断された橋を「造形遺産」と見なし、完成でも廃棄でもな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      拡大竹林、侵食防げ 京都・長岡京、伐採、整備に注力

      20160628000027

       人の管理を離れた放置竹林が雑木林や人工林を侵食していく「拡大竹林」が、京都府長岡京市西..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、慰安婦「記憶の場」起工式
      ソウル市長も出席

      20160629000067

       【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題を永く記憶しようと、韓国の民間団体などが造成計画..... [ 記事へ ]