出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都の学生、公共交通に不満 早い終電…改善提言

京都市内の公共交通の利用促進策を提案する京都ノートルダム女子大の学生ら(京都市左京区・同大学)
京都市内の公共交通の利用促進策を提案する京都ノートルダム女子大の学生ら(京都市左京区・同大学)

 京都ノートルダム女子大(京都市左京区)とNPO法人「歩くまち・京都」フォーラムは、市内の大学に通う学生約200人を対象に、公共交通に対する意識調査を行った。市営地下鉄を主に利用している学生の5割以上が終電の時間に不満を持っていたり、回答者の3割以上がバス停の列が並びづらいと感じていることが分かった。調査を踏まえ、公共交通の利用促進に向けた提言をまとめた。

 京都ノートルダム女子大の廣瀬直哉教授のゼミ生8人が10~11月、同大学や京都大、同志社大などの学生にアンケートをした。男女計191人から回答を得た。

 市内の鉄道について、最も利用頻度が高いのは地下鉄だったが、過半数が終電時間に不満を持っていた。金曜限定で終電時間を延長した後の調査で、メンバーは「学生は金曜以外でもバイトや遊びなど夜に出掛けることが多い」と分析し、終電を延長する日を増やすことを提案した。鉄道を利用しない理由は「運賃が高い」が最多だったことを受け、地下鉄の初乗り運賃の減額なども提言した。

 市内を走るバスを利用しない理由は「他の交通手段より時間がかかる」が最も多かった。時間を短縮するため、バス停の待機列に線を引き乗降をスムーズにする工夫を提案した。

 調査では他に、自動車の運転免許を持っていない人が過半数を占め、持っている人でも「ほとんど運転しない」が約4割だったなど、学生の自動車離れを示す結果もあった。

 今回の調査を通じ、3年の島田理紗子さん(20)は「交通機関に乗るだけでなく、どうしたら利用しやすくなるかまで提案できたことに達成感があった」と振り返った。田中愛子さん(20)は「学生だけじゃなく、お年寄りや社会人を対象にした調査もしてみたい」と話した。

 学生たちから提言を受けた「歩くまち・京都」フォーラムは「検討課題も浮き彫りになったので、市や交通業者に伝えたい」としている。

【 2015年12月17日 16時10分 】

ニュース写真

  • 京都市内の公共交通の利用促進策を提案する京都ノートルダム女子大の学生ら(京都市左京区・同大学)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      ポケモン、官邸除外せずにOK
      菅官房長官

      20160727000127

       菅義偉官房長官は27日の記者会見で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、日本勢が最終調整
      全米プロ選手権

      20160728000031

       【スプリングフィールド(米ニュージャージー州)共同】男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株小幅続落、1ドル安
      利上げや業績で売買交錯

      20160728000013

       【ニューヨーク共同】27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前日比1・5..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      二条城の天守閣復元を 有識者会議が提言案

      20160727000167

       世界遺産・二条城(京都市中京区)を積極的に活用した観光振興や文化発信を考える市の有識者..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      次世代宇宙船オリオン、遅れも
      米監査院、見通し甘さ指摘

      20160728000030

       【ワシントン共同】米政府監査院は27日、米航空宇宙局(NASA)が開発を進める次世代宇..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツへ
      ポーランド訪問開始

      20160728000005

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコは27日、ポーランド南部クラクフに到着し、同国訪..... [ 記事へ ]