出版案内
福祉事業団

学生消防団員、百人を突破 高齢化の中、京都の強み生かす

年末特別警戒で火災予防を訴える消防団員の学生たち(京都市北区)
年末特別警戒で火災予防を訴える消防団員の学生たち(京都市北区)

 京都市消防団の学生団員が今月、100人を超えた。全国的に消防団員が減少して高齢化するなか、市消防局は「学生の街京都」の強みを生かすため、制度改正などで団員確保に力を入れてきた。10日の出初め式では初めて学生団員が行進に参加し、防火・防災への決意を新たにする。

 市消防局は昨年4月、任用資格を定める条例を改正して「区域内に居住し、または勤務する者」とする条文に「通学する者」を追加した。これまでは出動などに応じての費用弁償だったが、年額の報酬制度を新設した。

 また、2015年度に認証状を交付する「学生消防団活動認証制度」を導入し、就職活動時に役立てられるようにするなど若者が入団しやすい環境をつくった。

 昨年4月は70人だった学生団員は、今年1月1日段階で約1・5倍の106人(男性75人、女性31人)に達した。全団員4303人の2・4%となった。

 学生団員は他の団員と同じように防火・防災活動に取り組み、火事などがあれば現場に駆け付けている。

 最多の13人が所属する北区の北消防団楽只分団では昨年12月、学生らが年末特別警戒で区内を巡り、火気取り扱いへの注意を呼び掛けた。

 同分団所属で消防職員を目指す佛教大3年村上雄太さん(21)と1年向井亮太さん(19)は「学生生活では接することのできない地域の人たちと出会えた」「地域貢献できて充実感がある」とやりがいを語る。今後は学生ならではの活動を模索していくという。

 10日の出初め式は左京区のみやこめっせ前で開かれる。学生団員22人が消防車両や消防隊員らと一緒に行進する。

【 2016年01月07日 10時23分 】

ニュース写真

  • 年末特別警戒で火災予防を訴える消防団員の学生たち(京都市北区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      滋賀・米原市長選、松﨑氏立候補へ

      20161001000016

       任期満了に伴う滋賀県米原市長選(来年2月12日告示、19日投開票)に、同市議の松﨑淳氏..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新垣投手がヤクルト退団へ
      36歳、現役続行を希望

      20161001000011

       ヤクルトの新垣渚投手(36)が今季限りで退団することが30日、決定的となった。若返りを..... [ 記事へ ]

      経済

      こだわりの服、化粧品…中国の大型連休に照準 京都の百貨店

      20160930000193

       中国の大型連休・国慶節(10月1~7日)が始まるのを踏まえ、京都や大阪の百貨店や小売店..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大坂冬の陣、和睦交渉内情伝える 武将・片桐且元の書状発見

      20160930000196

       賤ケ岳(しずがたけ)七本槍(やり)の一人として豊臣家に仕えた近江出身の戦国武将片桐且元..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      オオヒシクイ初飛来、秋の深まり告げる 滋賀・琵琶湖 

      20160930000160

       国の天然記念物に指定されている渡り鳥のオオヒシクイ2羽が30日、長浜市湖北町今西の琵琶..... [ 記事へ ]

      国際

      米、ASEAN支援強化
      国防相会議、中国意識

      20161001000015

       【ホノルル共同】カーター米国防長官は9月30日、ハワイ・ホノルル近郊で東南アジア諸国連..... [ 記事へ ]