出版案内
福祉事業団

ココナツオイルのリップ、高校生が開発 フィリピンの農家支援に

試作したリップクリームの香りを確かめる「ココナッツ革命軍」の生徒たち(守山市・立命館守山高)
試作したリップクリームの香りを確かめる「ココナッツ革命軍」の生徒たち(守山市・立命館守山高)

 滋賀県守山市の立命館守山高の生徒たちが、貧困に苦しむフィリピンのココナツ農家を支援しようと、現地のココナツオイルを使ったリップクリームの商品開発に取り組んでいる。大阪市の企業が商品化に協力し、2月に同高や雑貨店などで販売する予定で、生徒たちは「同じ高校生に国際協力に関心を持ってリップを買ってもらい、農家の収入増につなげたい」と話す。

 3年生6人でつくる「ココナッツ革命軍」。リップクリームの販売は、国際協力のプロジェクトを考える授業で、自分たちに身近な商品として着目した。途上国の製品を適正な価格で仕入れる「フェアトレード」に取り組む企業の協力を得て、企画を発表すると高評価を受けた。「ぜひ具体化しよう」と授業終了後も自主的に話を進めたが、費用面で難しいことが分かり、実現できなかった。

 それでもあきらめ切れず、フェアトレードでフィリピンのココナツ農家を支援する企業「ココウェル」と交渉。同高で講演したことがある代表の水井裕さん(39)に思いを伝えると、「若者にフィリピンの現状を知ってほしい気持ちは同じ」と共感され、同社が協力することになった。

 どんな香りがいいか生徒の提案を受けて4種類を試作し、その中から生徒がオレンジを選んだ。パッケージデザインや記入するメッセージも生徒が考えている。初回300本(1本600円)を作り、校内や京都府内の系列私立高のほか、滋賀や京都、大阪の雑貨店の店頭に生徒自らが立って販売する。メンバーの杉元美沙希さん(17)は「高校生でもできる支援があることを、多くの人に知ってほしい」と話す。

 ココウェルとNPO法人D×P(大阪市)は、困難を抱える日本の通信制高校生をフィリピンの貧困地域に送り出すスタディツアーを企画しており、売り上げの一部はその費用にも充てられる。

【 2016年01月08日 17時10分 】

ニュース写真

  • 試作したリップクリームの香りを確かめる「ココナッツ革命軍」の生徒たち(守山市・立命館守山高)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      民進「牙城」に自民公募挑む 衆院京都2区、党府連が繁本氏擁立

      20170118000158

       自民党京都府連は18日、次期衆院選で京都2区の立候補予定者に、衆院議員秘書の繁本護氏(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大坂なおみ、2回戦で敗れる
      全豪テニス第4日

      20170119000037

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第4日は19日、メルボルンで行われ、女子シングル..... [ 記事へ ]

      経済

      米、年前半の追加利上げも
      FRB議長「景気次第」

      20170119000028

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日、米西部サンフラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3年ぶり、節分の夜に火柱 京都・吉田神社、古札焚き上げ復活

      20170119000022

       京都市左京区の吉田神社は、立春を迎える神事の火炉祭を従来の形に戻し、今年から再び、大量..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]

      国際

      米大使候補、国連批判鮮明
      拠出金見直し訴え

      20170119000013

       【ワシントン共同】トランプ次期米大統領が国連大使に指名した南部サウスカロライナ州知事の..... [ 記事へ ]