出版案内
福祉事業団
47NEWS

異常タンパク質分解に新経路 京大、アルツハイマー予防期待

 構造が大きく崩れたタンパク質が細胞内で分解される新たな仕組みを、京都大理学研究科の森和俊教授と蜷川暁研究員らが発見した。アルツハイマー病など、異常タンパク質が蓄積する疾患の病態解明に期待できる。米科学誌に発表した。

 小胞体で作られたタンパク質は、構造に異常があると分解される。タンパク質は糖鎖付着の有無で二つのタイプに分けられ、従来は分解経路が異なると考えられていた。

 グループは糖鎖タンパク質の分解経路を詳細に調べるため、糖鎖がないタイプだけ分解するよう遺伝子操作したヒトの細胞で実験。しかし、糖鎖のあるタンパク質でも、アミノ酸の一部が欠失するなど立体構造が大きく崩れていると、この経路で分解されることを突き止めた。

 今回確認されたタンパク質の分解経路は、進化の過程で、多様な仕組みによってタンパク質を分解するため獲得されたとみられる。蜷川研究員は「異常タンパク質の蓄積する疾患は60以上ある。これらの病態解明や予防につなげたい」と話す。

【 2016年01月13日 12時03分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      浮島丸事件71年、犠牲者の冥福祈る 京都・舞鶴

      20160824000059

       舞鶴湾で終戦から間もなく、朝鮮半島に帰る労働者や家族らを乗せて爆沈し、少なくとも549..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マリナーズ青木は代打で中飛
      ヤンキース戦

      20160824000070

       ▽マリナーズ―ヤンキース(23日・シアトル) マリナーズの青木は九回に代打で出場し、1打..... [ 記事へ ]

      経済

      JR大津駅、「ビエラ大津」に 10月1日開業

      20160823000145

       再整備を進めていたJR大津駅(大津市春日町)が商業施設「ビエラ大津」に生まれ変わり、1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      再起に懸けるプロ選手の心描く 京都出身、谷監督「U-31」

      20160824000060

       京都府長岡京市出身の映画監督谷健二さん(40)=東京都=がこのほど、監督として2作目と..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      歴史書で宇宙「観測」 京大、成果相次ぐ

      20160824000058

       観測手段が未発達だった頃の宇宙の状態を推測するため、歴史書や過去の記録を活用する手法が..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリア中部でM6・2
      建物損壊、2人死亡

      20160824000066

       【ローマ共同】米地質調査所(USGS)によると、イタリア中部ノルチャ付近で24日午前3..... [ 記事へ ]