出版案内
福祉事業団
47NEWS

異常タンパク質分解に新経路 京大、アルツハイマー予防期待

 構造が大きく崩れたタンパク質が細胞内で分解される新たな仕組みを、京都大理学研究科の森和俊教授と蜷川暁研究員らが発見した。アルツハイマー病など、異常タンパク質が蓄積する疾患の病態解明に期待できる。米科学誌に発表した。

 小胞体で作られたタンパク質は、構造に異常があると分解される。タンパク質は糖鎖付着の有無で二つのタイプに分けられ、従来は分解経路が異なると考えられていた。

 グループは糖鎖タンパク質の分解経路を詳細に調べるため、糖鎖がないタイプだけ分解するよう遺伝子操作したヒトの細胞で実験。しかし、糖鎖のあるタンパク質でも、アミノ酸の一部が欠失するなど立体構造が大きく崩れていると、この経路で分解されることを突き止めた。

 今回確認されたタンパク質の分解経路は、進化の過程で、多様な仕組みによってタンパク質を分解するため獲得されたとみられる。蜷川研究員は「異常タンパク質の蓄積する疾患は60以上ある。これらの病態解明や予防につなげたい」と話す。

【 2016年01月13日 12時03分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      フラガール、復興願い最後の舞
      引退のリーダー

      20160730000143

       福島県いわき市にある温泉施設スパリゾートハワイアンズのダンスチーム「フラガール」のリー..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      野村、宮里美は序盤パー
      全英女子ゴルフ

      20160730000137

       【ミルトンキーンズ(英国)共同】女子ゴルフのメジャー第4戦、全英リコー女子オープンは3..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパー競争激化 京都・長岡京で出店、改装続々

      20160730000125

       京都府の長岡京市内でスーパーの新規出店や改装が相次いでいる。交通の便が良く、商品配送も..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      チェコ市民が狂言披露 京都駅ビルで「プラハの夕べ」

      20160730000133

       京都市とチェコ・プラハ市の姉妹都市20年を記念する「プラハの夕べ」が京都市下京区の京都..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「森の保全へ環境教育を」 京都協会10周年記念シンポ

      20160730000144

       住民参加の森林づくりを進める「京都モデルフォレスト協会」の10周年記念シンポジウムが3..... [ 記事へ ]

      国際

      「カリフ制導入」が狙いと指摘
      トルコ反乱で駐日大使

      20160730000111

       トルコのメリチ駐日大使は30日までに共同通信の取材に応じ、トルコ政府がクーデター未遂事..... [ 記事へ ]