出版案内
福祉事業団

【記者コラム】同志社大の「検閲」

 良心と自由。同志社の創立者新島襄が重んじた教育理念だ。新島は幕末に密出国して約10年、米国で苦学し教育に目覚めた。帰国後は国民の自立を重んじるため、官製ではない私立大学の必要性を訴えた。熱意は同志社大へ結実した。

 創立から140年がたった。理念は継承されていると思いたい。だが、心配になる出来事があった。

 昨年末、同大から案内が来た催しを取材しようとした。授業の一環で日本の織物文化を伝える内容だった。大学側は、授業名の明記と記事の事前チェックを条件に示した。取材先から記事の確認を求められることはある。だが報道の独立性を維持するため見せられないと説明すると、分かってもらえる。

 同大にも説明したが「条件は譲らない」という。事実を正確に伝えるのは当然だが、「検閲」のような対応は受け入れられない。記事化は見送った。取材を申し入れた時、喜んでくれた学生の声が耳に残った。

 自由を重んじる大学の対応とは思えなかった。後日、詳しく理由を聞くと、一部の授業では目的を正確に伝えるため、取材に先の条件を設けているという。取り組みへの熱意は分かる。だが戦後70年たっても、検閲を受け入れて情報統制に屈した経験を忘れることはできない。

 言論の自由は、記者や大学人が最も重んじる価値だろう。対極にあるのが「検閲」だ。記者の抗議に大学側も「検閲と取られても仕方ない」と認め、条件の撤廃を検討するという。伝統ある同志社の良心を信じたい。

【 2016年01月19日 09時33分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      水戸市議会の会派控室に盗聴器
      情報提供で、コンセント型1個

      20161208000080

       水戸市議会の会派控室に盗聴器が仕掛けられていたことが8日、分かった。水戸市などが明らか..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      武幸四郎騎手ら7人、調教師合格
      JRAの免許試験

      20161208000072

       日本中央競馬会(JRA)は8日、武豊騎手の弟、武幸四郎と田中博康の両騎手、武英智元騎手..... [ 記事へ ]

      経済

      東京駅前広場の整備遅れ、JR東
      17年冬に

      20161208000092

       JR東日本は8日、東京駅丸の内側の駅前広場の整備終了が2017年冬にずれ込むと発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ぬくぬく石炭ストーブのトロッコ列車 京都・嵯峨野観光鉄道

      20161208000071

       石炭ストーブを搭載したトロッコ列車の運行が8日、京都市右京区と亀岡市を結ぶ嵯峨野観光鉄..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉起動目前に抗議行動
      川内原発、反原発の団体や住民ら

      20161208000057

       九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉起動を目前に控えた8日朝、反原発を..... [ 記事へ ]

      国際

      インドネシア、地震死者102人
      アチェ州で救助続く

      20161208000088

       【ジャカルタ共同】インドネシア西部スマトラ島沿岸部で7日に起きた地震で、同国の軍や警察..... [ 記事へ ]