出版案内
福祉事業団
47NEWS

【記者コラム】同志社大の「検閲」

 良心と自由。同志社の創立者新島襄が重んじた教育理念だ。新島は幕末に密出国して約10年、米国で苦学し教育に目覚めた。帰国後は国民の自立を重んじるため、官製ではない私立大学の必要性を訴えた。熱意は同志社大へ結実した。

 創立から140年がたった。理念は継承されていると思いたい。だが、心配になる出来事があった。

 昨年末、同大から案内が来た催しを取材しようとした。授業の一環で日本の織物文化を伝える内容だった。大学側は、授業名の明記と記事の事前チェックを条件に示した。取材先から記事の確認を求められることはある。だが報道の独立性を維持するため見せられないと説明すると、分かってもらえる。

 同大にも説明したが「条件は譲らない」という。事実を正確に伝えるのは当然だが、「検閲」のような対応は受け入れられない。記事化は見送った。取材を申し入れた時、喜んでくれた学生の声が耳に残った。

 自由を重んじる大学の対応とは思えなかった。後日、詳しく理由を聞くと、一部の授業では目的を正確に伝えるため、取材に先の条件を設けているという。取り組みへの熱意は分かる。だが戦後70年たっても、検閲を受け入れて情報統制に屈した経験を忘れることはできない。

 言論の自由は、記者や大学人が最も重んじる価値だろう。対極にあるのが「検閲」だ。記者の抗議に大学側も「検閲と取られても仕方ない」と認め、条件の撤廃を検討するという。伝統ある同志社の良心を信じたい。

【 2016年01月19日 09時33分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      原爆小頭症患者70歳祝う
      胎内被爆者、総会で

      20160625000056

       1945年の原爆投下時に母親の胎内で被爆し、知能や身体に障害がある「原爆小頭症」の患者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競泳ホープ、目指すは東京パラ 京都の中2、国際大会に初参戦

      20160625000068

       競泳で2020年の東京パラリンピックを目指す洛北中2年の宇津木美都(みくに)さん(13..... [ 記事へ ]

      経済

      新鮮京野菜、東京へ直行 営農者が売値、運送会社とタッグ

      20160625000038

       若手の営農者を育てようと京都府京丹波町和知地域で活動する農業生産法人「たんば村」が、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      茅の輪くぐり無病息災願う 京都・北野天満宮

      20160625000046

       本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      衣服の模様、よく見ると… 京大で細胞写真使った作品展示

      20160625000032

       研究で撮影した細胞の写真を使った衣服などの展示「imagination2・0」が24日..... [ 記事へ ]

      国際

      朝鮮戦争開始から66年
      南北、激しい非難合戦

      20160625000061

       【ソウル共同】韓国と北朝鮮は25日、1950年の朝鮮戦争開戦から66年を迎えた。北朝鮮..... [ 記事へ ]