出版案内
福祉事業団
47NEWS

【記者コラム】同志社大の「検閲」

 良心と自由。同志社の創立者新島襄が重んじた教育理念だ。新島は幕末に密出国して約10年、米国で苦学し教育に目覚めた。帰国後は国民の自立を重んじるため、官製ではない私立大学の必要性を訴えた。熱意は同志社大へ結実した。

 創立から140年がたった。理念は継承されていると思いたい。だが、心配になる出来事があった。

 昨年末、同大から案内が来た催しを取材しようとした。授業の一環で日本の織物文化を伝える内容だった。大学側は、授業名の明記と記事の事前チェックを条件に示した。取材先から記事の確認を求められることはある。だが報道の独立性を維持するため見せられないと説明すると、分かってもらえる。

 同大にも説明したが「条件は譲らない」という。事実を正確に伝えるのは当然だが、「検閲」のような対応は受け入れられない。記事化は見送った。取材を申し入れた時、喜んでくれた学生の声が耳に残った。

 自由を重んじる大学の対応とは思えなかった。後日、詳しく理由を聞くと、一部の授業では目的を正確に伝えるため、取材に先の条件を設けているという。取り組みへの熱意は分かる。だが戦後70年たっても、検閲を受け入れて情報統制に屈した経験を忘れることはできない。

 言論の自由は、記者や大学人が最も重んじる価値だろう。対極にあるのが「検閲」だ。記者の抗議に大学側も「検閲と取られても仕方ない」と認め、条件の撤廃を検討するという。伝統ある同志社の良心を信じたい。

【 2016年01月19日 09時33分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      「夕張メロン」の収穫始まる
      雪解け早く良質な出来

      20160525000050

       北海道の夏の味覚として名高い「夕張メロン」の収穫が25日朝、夕張市内各地で始まった。今..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原は1回を無失点
      ロッキーズ戦

      20160525000057

       ▽レッドソックス―ロッキーズ(24日・ボストン) レッドソックスの上原は7―3の八回に2..... [ 記事へ ]

      経済

      お茶プリン、味わい三者三様 京都・京田辺

      20160525000053

       京都府京田辺産の玉露や抹茶、ほうじ茶を素材にしたお茶のプリン3種類を、京田辺市普賢寺の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      現代アート活用、日本庭園の魅力発信へ 京都の造園家

      20160525000061

       京都市伏見区の造園家猪鼻一帆さん(35)が、今年7月にシンガポールで開かれるガーデンフ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      択捉ヒグマはサケがお好き 北海道の個体の3倍捕食

      20160525000058

       択捉島のヒグマは、北海道の個体と比べて非常にたくさんのサケを食べていることを、総合地球..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、支持率逆転し優位に
      クリントン氏を初リード

      20160524000124

       【ワシントン共同】米大統領選の各種世論調査平均値で、共和党候補指名が確実な実業家トラン..... [ 記事へ ]