出版案内
福祉事業団
47NEWS

中学で完全英語化授業 大津、新年度モデル事業

中学校での「オールイングリッシュ授業」のモデル事業案が報告された大津市総合教育会議(大津市・市役所)
中学校での「オールイングリッシュ授業」のモデル事業案が報告された大津市総合教育会議(大津市・市役所)

 大津市教委は、中学生の英語力向上に向け、英語のみで英語授業を行うモデル事業を新年度の2学期に実施する。市立中2校をモデル校に選定し、1年生を対象に実施する。指導技術を高めるため教員の海外語学研修にも取り組む予定。

 28日の市総合教育会議で市教委がプロジェクト案を明らかにした。

 案によると、モデル校では、週4時間ある英語授業のうち1時間を外国語指導助手(ALT)と教員による授業とし、全てのやりとりを英語で行う。既存の教材を活用しながら「聞く」「話す」を重視する実践的な英語教育となるよう、4月以降に教員とALTらで教育プログラムを開発する。

 モデル校は2017年度には9校程度に拡大させ、18年度には全18校の1、2年で実施。19年度には全校全学年での導入を目指す。

 同時に、課題となっている英語科教員の語学力向上に向け、夏休み期間中に留学費が安いフィリピンで10日間の英語研修に毎年5人を派遣する。ボランティア活動や現地小学校での英語実習などにも取り組む。

 市は、新年度から市立小の全学年で「聞く」「話す」に重点を置いた英語教育をスタートさせる。これにより小学校卒業時には現在の中学1年程度の英語力を習得することになり、中学でも実践型の英語学習プログラムを導入することが課題となっていた。市教委は「19年度には文科省の英語力調査も始まる。小中で一貫性ある実践型の英語教育を行い、子どもたちの英語力向上につなげたい」としている。

【 2016年01月28日 22時10分 】

ニュース写真

  • 中学校での「オールイングリッシュ授業」のモデル事業案が報告された大津市総合教育会議(大津市・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      原爆小頭症患者70歳祝う
      胎内被爆者、総会で

      20160625000056

       1945年の原爆投下時に母親の胎内で被爆し、知能や身体に障害がある「原爆小頭症」の患者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原は1回三者凡退で2セーブ目
      メジャー通算500三振

      20160625000064

       ▽レンジャーズ―レッドソックス(24日・アーリントン) レッドソックスの上原は8―7の九..... [ 記事へ ]

      経済

      新鮮京野菜、東京へ直行 営農者が売値、運送会社とタッグ

      20160625000038

       若手の営農者を育てようと京都府京丹波町和知地域で活動する農業生産法人「たんば村」が、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      茅の輪くぐり無病息災願う 京都・北野天満宮

      20160625000046

       本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      衣服の模様、よく見ると… 京大で細胞写真使った作品展示

      20160625000032

       研究で撮影した細胞の写真を使った衣服などの展示「imagination2・0」が24日..... [ 記事へ ]

      国際

      朝鮮戦争開始から66年
      南北、激しい非難合戦

      20160625000061

       【ソウル共同】韓国と北朝鮮は25日、1950年の朝鮮戦争開戦から66年を迎えた。北朝鮮..... [ 記事へ ]