出版案内
福祉事業団

中学で完全英語化授業 大津、新年度モデル事業

中学校での「オールイングリッシュ授業」のモデル事業案が報告された大津市総合教育会議(大津市・市役所)
中学校での「オールイングリッシュ授業」のモデル事業案が報告された大津市総合教育会議(大津市・市役所)

 大津市教委は、中学生の英語力向上に向け、英語のみで英語授業を行うモデル事業を新年度の2学期に実施する。市立中2校をモデル校に選定し、1年生を対象に実施する。指導技術を高めるため教員の海外語学研修にも取り組む予定。

 28日の市総合教育会議で市教委がプロジェクト案を明らかにした。

 案によると、モデル校では、週4時間ある英語授業のうち1時間を外国語指導助手(ALT)と教員による授業とし、全てのやりとりを英語で行う。既存の教材を活用しながら「聞く」「話す」を重視する実践的な英語教育となるよう、4月以降に教員とALTらで教育プログラムを開発する。

 モデル校は2017年度には9校程度に拡大させ、18年度には全18校の1、2年で実施。19年度には全校全学年での導入を目指す。

 同時に、課題となっている英語科教員の語学力向上に向け、夏休み期間中に留学費が安いフィリピンで10日間の英語研修に毎年5人を派遣する。ボランティア活動や現地小学校での英語実習などにも取り組む。

 市は、新年度から市立小の全学年で「聞く」「話す」に重点を置いた英語教育をスタートさせる。これにより小学校卒業時には現在の中学1年程度の英語力を習得することになり、中学でも実践型の英語学習プログラムを導入することが課題となっていた。市教委は「19年度には文科省の英語力調査も始まる。小中で一貫性ある実践型の英語教育を行い、子どもたちの英語力向上につなげたい」としている。

【 2016年01月28日 22時10分 】

ニュース写真

  • 中学校での「オールイングリッシュ授業」のモデル事業案が報告された大津市総合教育会議(大津市・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      先人の功績や歴史的な意義考察 京都で大政奉還150周年シンポ

      20170122000109

       大政奉還150周年を記念したシンポジウムが22日、京都市中京区の立命館大朱雀キャンパス..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都4位、府最高タイム 全国男子駅伝

      20170122000113

       天皇杯第22回全国都道府県対抗男子駅伝が22日、広島市の平和記念公園を発着する7区間4..... [ 記事へ ]

      経済

      鴻海会長「シャープから学んだ」
      旧正月前に忘年会

      20170122000064

       【台北共同】シャープの親会社である鴻海精密工業(台湾)の郭台銘会長は22日、春節(旧正..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「天翔の櫓」城主の眺め 滋賀・水口岡山城跡

      20170122000062

       昨年11月に国の史跡指定の答申を受けた水口岡山城跡がある甲賀市水口町の古城山(標高28..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      防衛省初衛星24日打ち上げ
      種子島から午後、H2Aで

      20170122000088

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、防衛省が初めて保有し運用する通信..... [ 記事へ ]

      国際

      大統領執務室のカーテン、金色に
      就任早々模様替え

      20170122000106

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日の就任早々、大統領執務室の模様替えを行い、カ..... [ 記事へ ]